FC2ブログ

経産省、セルロースナノファイバーの加工性高める新技術を実証-京大にプラント設置

日刊工業新聞
経産省、セルロースナノファイバーの加工性高める新技術を実証-京大にプラント設置

CNF-seikouPMC_image.jpg

経済産業省は次世代の高機能材料と期待される木質組織由来の繊維状物質
セルロースナノファイバー」(CNF)の加工性を高める新技術の実証事業に乗り出すと報じられています。

CNFと同じく木質組織に含まれる高分子化合物「リグニン」とCNFの結合体で、
CNFを単体で扱うより成形しやすい「リグノCNF」の一貫製造技術の確立を目指すとの事です。

リグニンは通常、CNFの原料であるセルロース(繊維素)などと結合した状態で木質組織に含まれ、
これまでは製紙産業で培った技術を応用し、リグニンと分離させたセルロースから
CNFを製造するのが一般的だったとの事。

CNFの周囲をリグニンが覆うリグノCNFは従来型のCNFに比べ、熱可塑性が高くて成形しやすく、
樹脂との複合材をつくるのにも適するそうです。
パイロットプラントでは原料のパルプからリグニンとセルロースの結合体を抽出し、
一定の処理を施してリグノCNFを製造。樹脂に混ぜて成形用の粒子(ペレット)をつくり加工性を調べるとしています。

国の委託事業として新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO)を通じて費用を全額拠出し、
京都府宇治市にある京大の研究施設に実証設備を設置するとの事です。

NCF_logo_image.png
産総研コンソーシアムナノセルロースフォーラム

RISH_kyoto-univ_logo_image.png
京都大学生存圏研究所 生物機能材料分野

当ブログ関連記事
木材由来のナノファイバー、30年までに1兆円市場-経産省が工程表
経産省、セルロースナノファイバーの実用化ロードマップ策定-実用化前倒し視野に
経産省、セルロースナノファイバーの国際標準化に着手
星光PMCの乗越厚生社長に注目の「セルロースナノファイバー」(CNF)の取組みを聞く

  
関連記事
スポンサーサイト



この記事へのコメント

トラックバック

URL :

プロフィール

miyabi

  • Author:miyabi
  • 2013/1よりディスプレイ周りの技術情報を掲載。

    Twitter @deep2black
カレンダー
10 | 2020/11 | 12
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -
最近の記事
タグリスト
カテゴリー
アーカイブ
リンク
人気記事
ブログ内検索
関連書籍
RSSフィード
Twitter