FC2ブログ

旭硝子、100μm厚低位相差型ポリカーボネートフィルムを開発

日刊工業新聞
旭硝子、100マイクロメートル厚の低位相差型ポリカーボネートフィルム開発

AGC_C100C-LR_PC-film_image.png
開発したポリカーボネートフィルム

旭硝子は厚みが100μmと薄く、位相差(リタデーション)を低くしたポリカーボネートフィルム
「カーボグラスC110C―LR」を開発したと報じられています。

独自技術により、押出成形方式で低位相差を実現しているとのことで
主に酸化インジウムスズ(ITO)・透明導電膜ベースフィルムなどといった用途での使用を想定し、
すでに提案を始めているようです。

旭硝子によれば、従来はスマートフォンなどの電子機器向けの透明導電膜基材には、
ポリエチレンテレフタレート(PET)フィルム上にITO膜を塗布することが多かったとしています。
一方、タッチパネルなどの分野では、アプリケーションや要求品質が多様化しており、
PET―ITOだけではなく、別素材による用途開発が活発化しているそうです。

開発品はポリカーボネートが持つ素材の特性を生かしながら、押出成形方式を採用し、
独自のプロセスで低位相差を実現しており、位相差は10nm以下の特性を備えているとの事です。
現在のフィルムの厚みは100μmですが、さらに薄い50μmタイプの開発も進めており、
2015年度をめどに実用化を目指すとのことです。

フィルム基材を用いたタッチパネルは、軽さ・コストの点から多くの製品に採用されていますが
用途が拡大するにつれて要求特性も向上してきています。
そのような背景から、PETなどの従来の基材からの置き換えを狙って多くのメーカーが開発を行っており、
ガラスメーカーである旭硝子も開発を進めているようです。
同社のカバーガラスのブランドである「Dragotrail」が業界では有名ですが
導電性ペーストなどガラス製品以外も幅広く開発を行っているようです。

旭硝子ポリカーボネートフィルム製品ウェブサイト
http://www.agc.com/polyca-film/

当ブログ関連記事
旭硝子、超薄板ガラスのロール巻き取りに成功
旭硝子、タッチパネル向け薄板ソーダ石灰ガラスの生産能力を1.5倍に
旭硝子、UVでも低温でも硬化する透明絶縁樹脂
旭硝子、銅ペースト電極材料に-酸化抑え実用化、価格高騰の銀を代替
旭硝子、銅ペースト事業化、スクリーン印刷向け
【SID】未来のディスプレイを実現する材料:進化を続けるAGCのガラス技術

  
関連記事
スポンサーサイト



この記事へのコメント

トラックバック

URL :

プロフィール

miyabi

  • Author:miyabi
  • 2013/1よりディスプレイ周りの技術情報を掲載。

    Twitter @deep2black
カレンダー
11 | 2020/12 | 01
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最近の記事
タグリスト
カテゴリー
アーカイブ
リンク
人気記事
ブログ内検索
関連書籍
RSSフィード
Twitter