FC2ブログ

有機EL新会社「JOLED」設立へ―Sony、Panasonic、JDIが連合

msn産経ニュース
ソニー、パナ、ジャパンディスプレイ 有機EL新会社を年内設立

JOLED_sony_pana_JDI_joint-development_image.jpg

SonyPanasonicJDIの3社が中小型の有機ELディスプレイを共同開発するため、
官民ファンドの産業革新機構の出資を受けた新会社を年内に設立すると報じられています。
本日にも正式発表される見込みとの事。⇒7/31付で各社からプレスリリースが発表されていますので追記。

有機ELは液晶より薄く画質が鮮明なのが特長で、SonyPanasonicが大型テレビ用を中心に
開発を進めてきましたが、生産コストが高く、事業の継続が難しい状況にありました。

一方で、中小型の有機ELは今後、タブレット端末やノートパソコンなど中小型ディスプレイの
ニーズがあるとされており、このため、3社は革新機構の出資を受ける形で
新会社を設立する方針を固めたとされています。

新会社の名称は「JOLED(ジェイオーレッド)」となる見込み。
革新機構が70%、JDI20%、SonyPanasonicがそれぞれ5%出資する方向で最終調整しているようです。
⇒(7/31追記)比率は順に75%/15%/5%/5%となるようです。JDIの比率が下がっています。

Sonyは、放送機材や医療機器に使う業務用の有機ELディスプレイ事業を手掛けており、
この分野は自社で続けるとの事です。

中小型市場で圧倒的な強さを見せるSamsungにどこまで対抗できるかがポイントとなると思います。
有機ELは中国に大規模ラインが続々とできつつあり、すでに供給過剰になるとの見込みもあり、
厳しい市場環境になっていくと見られていますが、市場戦略など注目したいと思います。

(7/31追記)
各社からプレスリリースが発表されています。

産業革新機構
公表日:2014.07.31 有機ELディスプレイパネルに関する統合新会社(会社名:株式会社JOLED)設立について

Panasonic
有機EL ディスプレイパネルの研究開発機能の新会社(株式会社JOLED)への統合に伴う
会社分割(簡易吸収分割)について(PDF)

有機ELディスプレイパネルに関する統合新会社(会社名:株式会社JOLED)設立について(PDF)

Sony
有機ELディスプレイパネルに関する統合新会社(会社名:株式会社JOLED)設立について

JDI
有機ELディスプレイパネルに関する統合新会社(会社名:株式会社JOLED)設立について(PDF)

新会社は資産および知的財産権をSony、Panasonicから継承し、革新機構とJDIが出資を行う形になるようです。
資産の継承、出資は2015年1月5日を予定。
新会社の取締役には現時点で革新機構の谷山浩一郎氏が就いているようですが、
経営陣には外部経営者を招聘する予定としています。
また社外取締役については革新機構とJDIから派遣される模様です。

谷山氏はJDI設立関連の記事にたびたび名前が出ていますね。
ロイター:焦点:ジャパンディスプレイ上場へ、若手の決起発端で業界の光明に
東洋経済Online:まさかの復活。日の丸液晶の大勝負

関連記事
NHK:有機EL 日本の複数企業が新会社設立へ
EETimes:ソニーとパナソニックの有機EL技術を結集、新会社「JOLED」設立へ

当ブログ関連記事
有機EL、スマホ・タブレット向けで日の丸連合 ソニー、パナソニックなどが新会社
【液晶パネル】 中国のAMOLED過剰投資に懸念
ソニーとパナソニック、有機ELの提携解消へ─「4K」に開発集中
【液晶パネル】 AMOLED供給で中国が日本・台湾超えへ 2015年
日韓 有機ELテレビの動向

余談ですが、革新機構にはシャープも5億円出資しているのですね。
もちろんSony、日立、Panasonicも出資しているのですが、革新機構によりシャープのライバルともいえる
JDIが設立されたのはちょっと皮肉な面があるように思います。

 
関連記事
スポンサーサイト



この記事へのコメント

トラックバック

URL :

プロフィール

miyabi

  • Author:miyabi
  • 2013/1よりディスプレイ周りの技術情報を掲載。

    Twitter @deep2black
カレンダー
07 | 2020/08 | 09
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
最近の記事
タグリスト
カテゴリー
アーカイブ
リンク
人気記事
ブログ内検索
関連書籍
RSSフィード
Twitter