FC2ブログ

国際的ベンダーと台湾OEMを狙う中国タッチパネルメーカー

DigitimesResearchより。
China touch panel makers aiming at international vendors and Taiwan OEMs, says Holitech

touchpanel_notebook_image.jpg

台湾といえばTPKやWintekなどの大手タッチパネルメーカーの集積地ですが、
台湾のOEM企業も中国メーカーは狙っているようです。

Holitechによると、中国のタッチパネルメーカーはビジネスモデルを拡大するために、
国際的なベンダーだけでなく、台湾のOEMメーカーからの受注獲得の努力を続けており
中国メーカーの技術向上と低価格路線が多くの国際的な顧客を引き付け始めていると述べています。

Holitechは、主にOGSとフィルムタイプのタッチパネルを生産しており、
OGS生産能力は2014年の後半に増加を見込んでいると語っているそうです。

中国系メーカーは台湾の牙城も崩そうと意気込んでいるようです。
別記事でも触れていますが、実際にノートPC系のメーカーは中国シフトが鮮明になってきているようです。


タッチパネル構成部材の選び方・使い方と貼り合わせ技術タッチパネル構成部材の選び方・使い方と貼り合わせ技術
(2011)


商品詳細を見る


当ブログ関連記事
タッチパネル:ノートPC用タッチパネルは中国シフトに
タッチパネル:2014年の中国タッチパネルメーカーはフィルムとOGSに注力
中国のタッチパネル専門展示会「Touch China」、シャープの実機展示に注目



関連記事
スポンサーサイト



この記事へのコメント

トラックバック

URL :

プロフィール

miyabi

  • Author:miyabi
  • 2013/1よりディスプレイ周りの技術情報を掲載。

    Twitter @deep2black
カレンダー
01 | 2020/02 | 03
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
最近の記事
タグリスト
カテゴリー
アーカイブ
リンク
人気記事
ブログ内検索
関連書籍
RSSフィード
Twitter