FC2ブログ

2014年の中国タッチパネルメーカーはフィルムとOGSに注力

Digitimes researchより。
タッチパネル:2014年の中国タッチパネルメーカーはフィルムとOGSに注力
Digitimes Research: Touch panel makers in Greater China focused on thin-film and OGS products in 2014

touchpanel_2014_taiwan_jan_image.png

Digitimes researchによると、中国系のタッチパネルメーカーは、2014年にフィルム方式とOGSの
タッチパネル製品に焦点を当てているとしています。


タッチパネル−技術開発・市場・アプリケーションの動向−タッチパネル−技術開発・市場・アプリケーションの動向−
(2012/10/26)
西野 利晴、西川 武士 他

商品詳細を見る


台湾系メーカーのTPKは、現在、GISがノキア向けにナノ銀ワイヤ技術を開発している中、
中国でエントリーレベルのスマートフォン向けに同様のタッチ技術の開発に注力しています。
加えて、Young Fastは現在、G1F方式の改善で苦戦した後、OGSに注力しています。

O-FilmとTrulyについては、中国のエントリーレベル/ミッドレンジスマートフォン需要に応じて、
フィルム方式とOGS方式の両方に焦点を当てています。

Digitimes researchは、OGSおよびフィルム方式は2014年のより軽量、薄型化という
市場要求に応える薄型スマートフォンに適用されるだろうと付け加えています。

当ブログ関連記事
タッチパネル:GGタイプタッチパネルはiPhone4/4SとiPad4効果で市場に残留
タッチパネル市場予測:新素材や優れたプロセスがタッチセンサーの市場成長を促進(DisplaySearch調べ)
タッチパネル:G1F方式が市場から消える?
タッチパネル採用の鍵となる各タッチパネル方式のコスト構造の比較について



関連記事
スポンサーサイト



この記事へのコメント

トラックバック

URL :

プロフィール

miyabi

  • Author:miyabi
  • 2013/1よりディスプレイ周りの技術情報を掲載。

    Twitter @deep2black
カレンダー
07 | 2020/08 | 09
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
最近の記事
タグリスト
カテゴリー
アーカイブ
リンク
人気記事
ブログ内検索
関連書籍
RSSフィード
Twitter