FC2ブログ

芥川賞と直木賞

芥川賞と直木賞が決まったらしいですね。
絲山秋子さんは知らない方でしたが、高崎に住んでるんですね~。東野圭吾さんは知っていますが、作品はまだ読んだことがないです。そう考えると本当にまだ知らない作品は一杯あるんだなぁと思います。

http://www.sankei.co.jp/news/060117/bun070.htm


芥川賞に絲山秋子さん 直木賞は東野圭吾さん

.
 第134回芥川賞、直木賞(日本文学振興会主催)の選考委員会が17日、東京・築地の料亭「新喜楽」で開かれ、芥川賞は絲山秋子(いとやま・あきこ)さん(39)の「沖で待つ」(文学界9月号)に、直木賞は東野圭吾(ひがしの・けいご)さん(47)の「容疑者Xの献身」(文芸春秋)に決まった。絲山さんは4回目、東野さんは6回目の候補で受賞。人気、実績を兼ね備えた実力派の受賞となった。

 絲山さんは東京都生まれ、群馬県高崎市在住。2003年に文学界新人賞でデビュー、翌年に川端康成文学賞。昨年は直木賞候補にもなった。受賞作は、メーカーの総合職の女性と同期の男性社員との微妙な関係を端正な筆致で描いた。

 直木賞の東野さんは大阪市生まれ、東京都在住。自動車部品会社を経て1985年に「放課後」で江戸川乱歩賞を受賞してデビュー、「秘密」や「白夜行」などベストセラーも多い。受賞作は、天才的な数学教師が愛する女性のために仕組んだ“完全犯罪”をめぐる正統派ミステリー。

 芥川賞選考委員の池澤夏樹さんは絲山作品について「男女の友情を巧みに書いた。成熟している」と評した。

 贈呈式は2月17日、東京・丸の内の東京会館で。賞金は100万円。(共同)
関連記事
スポンサーサイト



この記事へのコメント

トラックバック

URL :

プロフィール

miyabi

  • Author:miyabi
  • 2013/1よりディスプレイ周りの技術情報を掲載。

    Twitter @deep2black
カレンダー
08 | 2020/09 | 10
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -
最近の記事
タグリスト
カテゴリー
アーカイブ
リンク
人気記事
ブログ内検索
関連書籍
RSSフィード
Twitter