FC2ブログ

タッチパネルG1F方式が市場から消える?

Digitimes Researchより。
Digitimes Research: G1F likely to disappear from market soon because of fierce challenges

touch-screen_touchpanel_image_view.jpg

G1Fタッチパネルは、ガラスセンサーとフィルムセンサーをそれぞれタッチパネルのX軸、Y軸として構成されています。
三星電子およびマイクロソフトのハイエンドタブレットおよびミッドレンジスマートフォンに採用されており、
LG電子もハイエンドスマートフォンに採用を検討していると言われています。



タッチパネル−技術開発・市場・アプリケーションの動向−タッチパネル−技術開発・市場・アプリケーションの動向−
(2012/10/26)
西野 利晴、西川 武士 他

商品詳細を見る


しかし、G1Fタッチ技術は予想よりコスト効果が悪いとされており、上記ベンダーは他の方式にシフトしてきています。
サムスンがG1Fを改善している間にMicrosoftの新世代タブレットは、OGS方式を採用するようになってきており、
また、LGはOGS技術の開発にシフトしています。
上記の要因から、タッチパネル業界でG1Fの地位が脅かされて来ている状況です。

当初G1F方式は以下の他方式の問題を解決することが出来ると期待されていました。
GG(ガラス-ガラス)方式:重量と厚さの増加
GFF(ガラス-フィルム2層)方式:ITOフィルム供給不足の影響
OGS(カバーガラス一体)方式:弱耐久性、低歩留り

上記の方式に対する利点から、マイクロソフトは同社の「Surface」にG1F方式を選択し、
台湾Youngfastにタッチパネルを発注しています。
Youngfastは後に独自のガラスタイプのタッチセンサの生産ラインを確立し、
第二世代Surface向けタッチパネルの唯一のサプライヤーとなっています。

しかし、ノキアの携帯電話事業のMicrosoftの買収により、同社のサプライチェーンは大幅に変更されており、
新世代SurfaceはG1FからOGS技術に切り替わっています。

OGS方式は、パネル端部の耐久性と歩留まりを大幅な改善を達成しており、ガラス上のプロセスのみで
光学透明接着剤(OCA)を用いたセンサーの貼り合せを必要としないため、Microsoftは、コスト効果の面で
G1Fよりはるかに有利としてOGS方式を採用しています。

G1F方式はまた、日東電工などのITOフィルムメーカーの積極的なキャパ増強により
韓国系ベンダーでのサプライチェーンにおけるアドバンテージを失っています。
中国系メーカーのO-filmがメタルメッシュ技術によりサムスンのタブレットのサプライチェーンに入ってきており、
サムスンはそのエントリーレベルのスマートフォン用に単層マルチタッチ対応フィルム方式を採用し始めています。
OGS技術が成熟してきていることに伴い、LGは関連会社のLGイノテックの歩留まり率とOGSキャパ不足を
解消するために台湾TPKのOGSパネルの発注を開始しています。

G1Fタッチ技術は徐々に競争力を失っており、主要G1Fタッチパネルサプライヤの一つであるYoungfastは、
GFFタッチパネル生産能力の増強を開始しており、また新方式GGタッチパネルの生産能力を
OGSタッチパネルの生産に振り分けようとしています。

同時にYoungfastはメタルメッシュタッチパネルの生産を開始するために、
日系メーカーの富士フイルムと協力しています。
韓国系メーカーも、Youngfastと同様の戦略を採用することを期待されており、
G1F技術が市場から姿を消す可能性があると指摘しています。

当ブログ関連記事
タッチパネル採用の鍵となる各タッチパネル方式のコスト構造の比較について
【液晶パネル】 サムスン・TPK、銀ナノワイヤーに注力
【液晶パネル】 ITO代替の銀ナノ・メタルメッシュ、普及になお時間



関連記事
スポンサーサイト



この記事へのコメント

トラックバック

URL :

プロフィール

miyabi

  • Author:miyabi
  • 2013/1よりディスプレイ周りの技術情報を掲載。

    Twitter @deep2black
カレンダー
11 | 2020/12 | 01
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最近の記事
タグリスト
カテゴリー
アーカイブ
リンク
人気記事
ブログ内検索
関連書籍
RSSフィード
Twitter