FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

タッチパネル部材固定用に貼り直しやすい25μm厚の粘着テープ、日立マクセルが開発

日経テクノロジーOnlineより。
タッチパネル部材固定用に貼り直しやすい25μm厚の粘着テープ、日立マクセルが開発

hitachimaxell_logo_image.jpg
http://www.maxell.co.jp/

日立マクセルは、スマートフォンなどのタッチパネル部材の固定用として、
片側に再剥離性を持つ厚さ25μmの両面粘着テープを開発したと発表しています。

このテープでは、表面と裏面にそれぞれ機能の異なる粘着剤を配置しており、
テープの片側には高い粘着性を、もう片側には再剥離性を持たせています。
再剥離可能面を上面に使えば、タッチパネル上面に各種部材を貼り合わせる工程において、
部材の貼り直しが容易になるとしています。
これにより、ガラスセンサーなどの高価な部材を無駄なく使えるようになり、
製造工程における作業効率の向上や不良率低減に寄与するとの事。
なお、この粘着剤は、ガラスセンサーに使われている透明導電性素材の酸化インジウムスズ(ITO)の
導電性を劣化させない機能を備えているそうです。

Hitachimaxell_bothside_adhensive-tape_image.jpg
剥離の様子
左が再剥離可能面での剥離の様子、右は強粘着面での剥離の様子
(写真:日立マクセル

また、テープを基材なしの構造にすることで厚さ25μmと薄くしています。
これにより、全光線透過率が92%以上、ヘイズ(曇価)は光学用PETフィルムと同等の
0.3%以下という高い透明性を確保できたとしています。
従来のフィルム基材の粘着テープに比べて視認性が向上するとの事。
日立マクセルは、この粘着テープで、2015年度に売上高3億円以上を目指すとしています。

日立マクセルニュースリリース(PDF)
高価なタッチパネル部材の再利用を可能にする薄膜粘着テープを開発
~再剝離性に加え、基材なしの構造により、25μ m(マイクロメートル)の薄さと高い透明性を実現~ f






日立マクセルは、スマートフォンなどのタッチパネル部材の固定用として、片側に再剥離性を持つ厚さ25μmの両面粘着テープを開発した。
 このテープでは、表面と裏面にそれぞれ機能の異なる粘着剤を配置。テープの片側には高い粘着性を、もう片側には再剥離性を持たせた。再剥離可能面を上面に使えば、タッチパネル上面に各種部材を貼り合わせる工程において、部材の貼り直しが容易になる。これにより、ガラスセンサーなどの高価な部材を無駄なく使えるようになり、製造工程における作業効率の向上や不良率低減に寄与する。なお、この粘着剤は、ガラスセンサーに使われている透明導電性素材の酸化インジウムスズ(ITO)の導電性を劣化させない機能を備えている。
 また、テープを基材なしの構造にすることで厚さ25μmと薄くした。これにより、全光線透過率が92%以上、ヘイズ(曇価)は光学用PETフィルムと同等の0.3%以下という高い透明性を確保できた。従来のフィルム基材の粘着テープに比べて視認性が向上するという。日立マクセルは、この粘着テープで、2015年度に売上高3億円以上を目指す。


タッチパネル構成部材の選び方・使い方と貼り合わせ技術タッチパネル構成部材の選び方・使い方と貼り合わせ技術
(2011)


商品詳細を見る
関連記事
スポンサーサイト

この記事へのコメント

トラックバック

URL :

プロフィール

miyabi

  • Author:miyabi
  • 2013/1よりディスプレイ周りの技術情報を掲載。

    Twitter @deep2black
カレンダー
11 | 2018/12 | 01
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
最近の記事
タグリスト
カテゴリー
アーカイブ
リンク
人気記事
ブログ内検索
関連書籍
RSSフィード
Twitter
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。