FC2ブログ

【液晶パネル】 サムスン・TPK、銀ナノワイヤーに注力

EMSOneより。
【液晶パネル】 サムスン・TPK、銀ナノワイヤーに注力

TPK_agnanowire_TOL2_image.jpg

調査会社DIGITIMES Researchは導電材料銀ナノワイヤーインキ(SNW)を使った
タッチパネルについてのレポートを公表しています。


レポートは、タッチパネル最大手の台湾TPK(宸鴻)とSNW製造の米カンブリオス(Cambrios)による
SNWを使ったタッチフィルムセンサー製造・販売のTPK Film Solutionsに
日本写真印刷(Nissha)が13年末、出資を決めたことや、
韓国サムスン(Samsung)が14年6月3日、カンブリオスに2度目となる戦略的投資を決めたことを紹介。
これらはいずれも、SNWタッチコントロール技術の重要性が認められ始めている証左だとの見方を示しているようです。

当ブログ関連記事
【液晶パネル】 TPKと日本写真印刷、銀ナノでiWatch供給業者入りか
【液晶パネル】 TPK、スマホ用銀ナノで日・中・韓から受注
【液晶パネル】 タッチパネルのTPK、スマホ用に銀ナノ ノート用には低価格モデル
【液晶パネル】 ITO代替の銀ナノ・メタルメッシュ、普及になお時間
【液晶パネル】 富士フイルムと鴻海傘下のGIS、タッチ技術で協業 メタルメッシュ共同開発と台湾紙
Samsung、2014年に次世代メタルメッシュ導入の見込み





調査会社DIGITIMES Researchは2014年6月9日に公表したレポートで、導電材料銀ナノワイヤーインキ(SNW)を使ったタッチパネルについてのレポートを公表した。レポートは、タッチパネル最大手の台湾TPK(宸鴻)とSNW製造の米カンブリオス(Cambrios)によるSNWを使ったタッチフィルムセンサー製造・販売のTPK Film Solutionsに日本写真印刷(Nissha)が13年末、出資を決めたことや、韓国サムスン(Samsung)が14年6月3日、カンブリオスに2度目となる戦略的投資を決めたことを紹介。これらはいずれも、SNWタッチコントロール技術の重要性が認められ始めている証左だとの見方を示した。


透明導電膜の新展開〈3〉ITOとその代替材料開発の現状 (エレクトロニクスシリーズ)透明導電膜の新展開〈3〉ITOとその代替材料開発の現状 (エレクトロニクスシリーズ)
(2008/04)
南 内嗣

商品詳細を見る
関連記事
スポンサーサイト

この記事へのコメント

トラックバック

URL :

プロフィール

miyabi

  • Author:miyabi
  • 2013/1よりディスプレイ周りの技術情報を掲載。

    Twitter @deep2black
カレンダー
01 | 2019/02 | 03
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 - -
最近の記事
タグリスト
カテゴリー
アーカイブ
リンク
人気記事
ブログ内検索
関連書籍
RSSフィード
Twitter