FC2ブログ

シーマナノテックがSID Display Week 2014で超高速応答性能の42インチ大型タッチパネルを展示

財経新聞より。
シーマナノテックがSID Display Week 2014で超高速応答性能の42インチ大型タッチパネルを展示

cimananotech_TCF_image.png

高性能透明導電膜を専門とするスマートナノ材料会社のシーマナノテックは、SID Display Weekで
ITO膜でない超高速応答の42インチ大型タッチパネルを展示するとの事です。



このタッチパネル・デモユニットは、シーマナノテックのSANTE® FS200タッチフィルムに、
矽統科技(Silicon integrated Systems Corp. 、SiS)の特殊加工マルチチップ・タッチコントローラーを
組み合わせたもので、10点同時マルチタッチが可能であり高応答速度をアピールしています。

タッチ対応ソフトウエアの性能は、それに伴うハードウエア技術に制約される場合が多く、
低応答速度が主たる課題の1つであり、この性能低下は30インチ以上の大型のタッチパネルで顕著としています。
高導電性と機械的柔軟性を持つように加工した同社のタッチフィルムにより、
タッチパネルのメーカーは大型タッチパネルをより魅力的なものにできるとの事。

同社は大手ICチップ企業と直接的に提携することで、顧客の既存プロセスに
容易に統合できるタッチソリューションを提供することができ、製品の市場投入期間の短縮が可能となり
さらに、タッチフィルムはエッチングとラミネーションの標準手法に適合しているため、
タッチパネルメーカーにとってサプライチェーンの自由が確保されるとの事。

cimananotech_SANTE_technology_image.png

同社は塗工すると基板上でナノ粒子が自己組織化し不規則なメッシュネットワークパターンを形成する
導電コーティング技術を開発しています。
塗工すると不規則なメッシュライクなパターンが形成され、高透明で非常に低い表面抵抗を持つ、
モアレのない柔軟性ある導電膜を形成できるとの事です。



Cima nanotech
cimananotech_logo_image.png
http://www.cimananotech.com/

関連記事
ビジネスワイヤ:
シーマナノテックとAmdollaグループが業界初の42インチ非ITO透明導電膜マルチタッチモジュールを発表

当ブログ関連記事
【液晶パネル】 ITO代替の銀ナノ・メタルメッシュ、普及になお時間
インモールド成型による立体形状の透明タッチセンサー、Canatuが披露
【液晶パネル】 レノボ、中国系タッチパネル業者とITO代替の開発に注力
東亞合成とヘレウス、導電性ポリマーフィルムのパターニング技術で提携
【材料】星光PMCが続急騰、「タッチパネル電極向けに電気抵抗3割減の新素材」





(サンディエゴ)- ビジネスワイヤ) -- 高性能透明導電膜を専門とするスマートナノ材料会社のシーマナノテックは、SID Display WeekでITO膜でない超高速応答の42インチ大型タッチパネルを展示します。この42インチのタッチパネル・デモユニットは、シーマナノテックの高導電性SANTE® FS200タッチフィルムに、矽統科技(Silicon integrated Systems Corp. 、SiS)の特殊加工マルチチップ・タッチコントローラーを組み合わせたもので、10点同時マルチタッチの比類なきスキャン速度150hzと6.5ミリ秒の応答速度を誇り、これによりユーザーは大型/超大型のタッチディスプレーで、スマートフォンやタブレット並みの即時タッチ応答を経験することができます。

今日のタッチ対応ソフトウエアの性能は、それに伴うハードウエア技術に制約される場合が多く、低応答速度が主たる課題の1つとなっています。この性能低下は30インチ以上の大型のタッチパネルで一層明らかで、こうしたフォーマットはセルフサービス式キオスク、インタラクティブフラットパネルディスプレー、タッチ対応テーブルトップ、その他多くの製品で高成長市場を構成しています。高導電性と機械的柔軟性を持つように加工したSANTE® FS200タッチフィルムにより、タッチパネルのメーカーはソフトウエア開発企業と歩調を合わせ、大型のタッチパネルを、もっと楽しく、インタラクティブエンゲージメント性を引き上げたものに転換することができます。

シーマナノテックのジョン・ブロッド最高経営責任者(CEO)は、次のように述べています。「当社は、SiSと協力して、クラス最高の超高速応答性能を持つ大型トタッチパネルを開発でき、感激しています。私たちは、両社の専門技術を活用することで、大型タッチパネル市場の大きな可能性を、完全に生かすことができると確信しています。」

シーマナノテックは大手ICチップ企業と直接的に提携することで、こうした企業の顧客の既存プロセスに容易に統合できるタッチソリューションを提供することができ、製品の市場投入期間の短縮が可能となります。さらに、SANTE® FS200タッチフィルムはエッチングとラミネーションの標準手法に適合しているため、タッチパネルメーカーにとってサプライチェーンの自由が確保されます。

SiSの販売担当副社長を務めるEddie Chang氏は、次のように述べています。「この42インチのタッチデモユニットは、優れたマルチポイント精度、高速の応答速度、高い感度により、業界で飛躍的進歩を遂げた製品となっており、私たちは、私たちのお客様に本製品を使って革新的な製品を製造していただきたいと思っています。」



透明導電膜の新展開〈3〉ITOとその代替材料開発の現状 (エレクトロニクスシリーズ)透明導電膜の新展開〈3〉ITOとその代替材料開発の現状 (エレクトロニクスシリーズ)
(2008/04)
南 内嗣

商品詳細を見る
関連記事
スポンサーサイト



この記事へのコメント

トラックバック

URL :

プロフィール

miyabi

  • Author:miyabi
  • 2013/1よりディスプレイ周りの技術情報を掲載。

    Twitter @deep2black
カレンダー
07 | 2020/08 | 09
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
最近の記事
タグリスト
カテゴリー
アーカイブ
リンク
人気記事
ブログ内検索
関連書籍
RSSフィード
Twitter