FC2ブログ

【産業動向】 鴻海、台湾の中堅移動通信キャリア買収 孫正義氏の出資も?

EMSOneより。
【産業動向】 鴻海、台湾の中堅移動通信キャリア買収 孫正義氏の出資も?

taiwan_4G_wariate_image.jpg

台湾フォックスコン(鴻海)傘下で第4世代高速移動通信(4G)事業を運営する台湾AMBIT国碁電子)は
2014年5月26日、台湾の移動通信キャリア中堅アジア・パシフィック・ テレコム(亜太電信)の
プライベート・エクイティーの7割を1株当たり20NTドル(1NTドル=約3.4円)、
計116億5700万NTドルで引き受けたことを明らかにしています。

これによりAMBITはアジア・パシフィック・ テレコム株の14%を取得することになり、単一では最大の株主になるとの事。
また、プライベート・エクイティーの残りの3割についてAMBITでは、国際的な戦略的投資家を迎えると表明しており、
台湾メディアによると、台湾の市場や業界では、フォックスコンの郭台銘・董事長と親交の深い
ソフトバンクの孫正義社長の出資を有力視する見方が強いとしているとのことです。

かねてからFoxconnでは4G事業の強化をうたっていましたが、具体的に動きが出てきた模様です。
ソフトバンクも戦略的なM&Aを多々仕掛けていますので、同社の出資についても可能性が高そうです。

関連記事
マイナビニュース:ソフトバンクが台湾通信キャリアに出資か、ホンハイとの奪い合いに
ワイズコンサルティング:
ソフトバンク、台湾LTE市場参入か
鴻海4G事業、亜太電信の買収決定

当ブログ関連記事
【EMS/ODM】 鴻海、事業拡張に3150億円調達へ


EMS(電子機器受託生産)世界最大手、台湾フォックスコン(FOXCONN=鴻海精密=ホンハイ)傘下で第4世代高速移動通信(4G)事業を運営する台湾AMBIT国碁電子)は2014年5月26日、台湾の移動通信キャリア中堅アジア・パシフィック・ テレコム(亜太電信)のプライベート・エクイティーの7割を1株当たり20NTドル(1NTドル=約3.4円)、計116億5700万NTドルで引き受けたことを明らかにした。これによりAMBITはアジア・パシフィック・ テレコム株の14%を取得することになり、単一では最大の株主になる。また、プライベート・エクイティーの残りの3割についてAMBITでは、国際的な戦略的投資家を迎えると表明。5月27日付台湾メディアによると、台湾の市場や業界では、フォックスコンの郭台銘・董事長と親交の深いソフトバンクの孫正義社長の出資を有力視する見方が強いとしている。
関連記事
スポンサーサイト



この記事へのコメント

トラックバック

URL :

プロフィール

miyabi

  • Author:miyabi
  • 2013/1よりディスプレイ周りの技術情報を掲載。

    Twitter @deep2black
カレンダー
12 | 2021/01 | 02
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
最近の記事
タグリスト
カテゴリー
アーカイブ
リンク
人気記事
ブログ内検索
関連書籍
RSSフィード
Twitter