FC2ブログ

【産業動向】 ウェア端末市場規模、18年に206億米ドル 台湾シンクタンク予測

EMSOneより。
【産業動向】 ウェア端末市場規模、18年に206億米ドル 台湾シンクタンク予測

wearable-device_image_dell.jpg

台湾のシンクタンク工業産業経済趨勢研究センター(IEK)はこのほど、ウェアラブル端末の市場規模が
2018年、金額ベースで206億米ドル、出荷台数ベースで1億9100万台に上るとの見方を明らかにしています。


その上で、台湾系のエレクトロニクス関連業者らに対し、
ウェアラブル端末の一貫したサプライチェーンを構築する必要があると提言しているとの事です。

一方で、各ODM企業は端末の生産準備を完了していますが
受注が来ていないとの報道もあり、市場の立ち上がりとサプライチェーンの構築タイミングの
見極めが困難な状況が見て取れます。

IEK_logo_image.png
http://ieknet.iek.org.tw/

当ブログ関連記事
携帯ODM企業 ウェアラブル向けの能力構築も注文来ず
【EMS/ODM】 ウェア端末生産、早くも撤退の動き 「20万台受注でも利益ない」と業者
【液晶パネル】 台湾系のウェアラブル端末、14年はヒット望み薄 調査会社が指摘





台湾のシンクタンク工業産業経済趨勢研究センター(IEK)はこのほど、ウェアラブル端末の市場規模が2018年、金額ベースで206億米ドル、出荷台数ベースで1億9100万台に上るとの見方を明らかにした。その上で、台湾系のエレクトロニクス関連業者らに対し、ウェアラブル端末の一貫したサプライチェーンを構築する必要があると提言した。台湾紙『聯合報』(2014年5月13日付)が報じた。
関連記事
スポンサーサイト



この記事へのコメント

トラックバック

URL :

プロフィール

miyabi

  • Author:miyabi
  • 2013/1よりディスプレイ周りの技術情報を掲載。

    Twitter @deep2black
カレンダー
07 | 2020/08 | 09
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
最近の記事
タグリスト
カテゴリー
アーカイブ
リンク
人気記事
ブログ内検索
関連書籍
RSSフィード
Twitter