FC2ブログ

JALなど、ホノルル空港でグーグルグラスの実証スタート

日刊工業新聞より。
JALなど、ホノルル空港でグーグルグラスの実証スタート

JAL_NRI_googleglass_use_test_image.png

日本航空JAL)と野村総合研究所NRI)は、米国・ホノルル空港でメガネ型端末「グーグルグラス」など、
体に装着する「ウェアラブルデバイス」を航空機の整備や貨物業務で活用する実証実験を始めたと発表しています。

ウェアラブルデバイスのカメラ機能や情報伝達機能を生かし、JALの本社スタッフが
遠隔地にいる現場のスタッフを後方支援。
作業環境をハンズフリーにして作業の効率化や負荷低減を図るとの事です。
 
JALは航空機の整備や貨物の積み降ろしの作業を効率的かつ確実に実施できるシステムの導入を目指し、
ホノルル空港の各業務で実証実験を進めるそうです。

JAL_NRI_glovetype_wearable-device_use_test_image.png

今後はグーグルグラスに加え、手に装着するグローブ型の
ウェアラブルデバイスの活用なども検討するとの事。

確かにこういった端末は一般ユーザーの使用よりも業務用途での使用の方が
向いていそうな気はします。
グローブ型のウェアラブルデバイスの例では以前当ブログで紹介した富士通研の
デバイスが例として挙げられていますね。

JAL-NRI共同ニュースリリース
航空機整備、貨物搭降載業務にウェアラブルデバイスを導入し、
ホノルル空港にて、JALとNRIが共同で実証実験を開始


関連記事
ITmedia:Google Glassを航空機の整備に活用 JALとNRIが実証実験
MONOist:Google Glassで飛行機を整備、JALとNRIがウェアラブルデバイス活用の実証実験

当ブログ関連記事
富士通研、グローブ型ウェアラブルデバイス-ジェスチャーで情報読み取り






日本航空(JAL)と野村総合研究所(NRI)は、米国・ホノルル空港でメガネ型端末「グーグルグラス」など、体に装着する「ウェアラブルデバイス」を航空機の整備や貨物業務で活用する実証実験を始めた。ウェアラブルデバイスのカメラ機能や情報伝達機能を生かし、JALの本社スタッフが遠隔地にいる現場のスタッフを後方支援。作業環境をハンズフリーにして作業の効率化や負荷低減を図る。
 JALは航空機の整備や貨物の積み降ろしの作業を効率的かつ確実に実施できるシステムの導入を目指し、ホノルル空港の各業務で実証実験を進める。今後はグーグルグラスに加え、手に装着するグローブ型のウェアラブルデバイスの活用なども検討する。


ウェアラブル・デジタルの最先端ビジネスモデルの開発動向と戦略 -ビジネスモデルの新潮流、アプリ開発、市場戦略に関する調査- (先端調査シリーズ)ウェアラブル・デジタルの最先端ビジネスモデルの開発動向と戦略 -ビジネスモデルの新潮流、アプリ開発、市場戦略に関する調査- (先端調査シリーズ)
(2013)
AQU先端テクノロジー総研

商品詳細を見る
関連記事
スポンサーサイト



この記事へのコメント

トラックバック

URL :

プロフィール

miyabi

  • Author:miyabi
  • 2013/1よりディスプレイ周りの技術情報を掲載。

    Twitter @deep2black
カレンダー
08 | 2020/09 | 10
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -
最近の記事
タグリスト
カテゴリー
アーカイブ
リンク
人気記事
ブログ内検索
関連書籍
RSSフィード
Twitter