FC2ブログ

エヌ・エス・エス、バリ・剥離なく穴加工できる装置開発-「豪技2014」に選定

日刊工業新聞より。
エヌ・エス・エス、バリ・剥離なく穴加工できる装置開発-「豪技2014」に選定

NSN_nagaoka-kosen_Tilted_Planetaly_Drilling_machine_image.png

エヌ・エス・エス長岡技術科学大学田中秀岳助教が共同開発した「傾斜プラネタリ加工装置」が、
長岡産業活性化協会(NAZE)が高い技術力・開発製品を認定する「豪技2014」に選ばれたと報じられています。
バリや剥離のない高精度な穴加工と工具の長寿命化を実現したとの事。


NSN_nagaoka-kosen_CFRP_cutting_technology_market.png

小型・軽量で、産業用ロボットなどに装備して多様な部品加工に対応できるとしており
実証試験後に改良し、製品化を急ぐそうです。

NSN_nagaoka-kosen_Tilted_Planetaly_Drilling_image.png

NSN_nagaoka-kosen_Tilted_Planetaly_Drilling_merit.png

「傾斜プラネタリ加工」は刃物を自転しつつ、内外部の円筒に角度と偏心を持たせて公転します。
工具の中心が周速ゼロになる現象を回避し、傾斜した切れ刃が抜け際のバリを削り取ることになります。
加工精度は公差1umで、美しく仕上げられるそうです。

NSN_nagaoka-kosen_CFRP_cutting_technology_background.png

航空機などで採用されている炭素繊維強化プラスチック(CFRP)、チタンやインコネルといった
難削材の穴あけ加工は、バリや剥離、工具摩耗などの課題があったとの事。

中町社長は
「工具寿命が2-3割伸びる。自転しつつ公転する技術に角度をつける発想は全く新しい」
と自信を見せているとの事。

傾斜プラネタリ加工による高効率なCFRP穴あけ技術の開発
Development of Tilted Planetaly Motion Drilling Technology for CFRP


エヌ・エス・エス
nss_logo_image.png
http://www.e-nss.com/index.html





エヌ・エス・エス(新潟県小千谷市、中町剛社長、0258・82・2255)と長岡技術科学大学田中秀岳助教が共同開発した「傾斜プラネタリ加工装置=写真」が、長岡産業活性化協会(NAZE)が高い技術力・開発製品を認定する「豪技2014」に選ばれた。バリや剥離のない高精度な穴加工と工具の長寿命化を実現した。小型・軽量で、産業用ロボットなどに装備して多様な部品加工に対応できる。実証試験後に改良し、製品化を急ぐ。
 刃物を自転しつつ、内外部の円筒に角度と偏心を持たせて公転する。工具の中心が周速ゼロになる現象を回避し、傾斜した切れ刃が抜け際のバリを削り取る。加工精度は公差1マイクロメートルで、美しく仕上げられる。
 空機などで採用されている炭素繊維強化プラスチック(CFRP)、チタンやインコネルといった難削材の穴あけ加工は、バリや剥離、工具摩耗などの課題があった。中町社長は「工具寿命が2―3割伸びる。自転しつつ公転する技術に角度をつける発想は全く新しい」と自信をみせる。


すぐに使える精密切削加工 (現場の即戦力)すぐに使える精密切削加工 (現場の即戦力)
(2010/12/10)
大坪 正人

商品詳細を見る
関連記事
スポンサーサイト



この記事へのコメント

トラックバック

URL :

プロフィール

miyabi

  • Author:miyabi
  • 2013/1よりディスプレイ周りの技術情報を掲載。

    Twitter @deep2black
カレンダー
11 | 2019/12 | 01
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最近の記事
タグリスト
カテゴリー
アーカイブ
リンク
人気記事
ブログ内検索
関連書籍
RSSフィード
Twitter