FC2ブログ

【EMS/ODM】 ウェア端末生産、早くも撤退の動き 「20万台受注でも利益ない」と業者

EMSOneより。
【EMS/ODM】 ウェア端末生産、早くも撤退の動き 「20万台受注でも利益ない」と業者

wearabledvices_image.jpg

台湾や中国の受託生産業者で、ウェアラブル端末の生産から
一時的に撤退する動きが出始めているようだと報じられています。


単価や研究・開発費の安さにより、50万台以上の受注規模がなければ利益が見込めないのが原因との事。
現状、ブランド業者からの発注は10万〜20万台規模にとどまっていることから、
携帯電話を受託生産する業者の一部は、市場が成熟するまで
一時的に生産から撤退することを決めたとしているそうです。

スマートウォッチなどのウェアラブルデバイスはスマートフォンに比べてどうしても
単価が安くなりますので現状の生産台数では利益が出せない状態のようです。
市場が立ち上がってくれるかが今後のポイントになりそうです。

当ブログ関連記事
iWatch部品争奪戦
SIMスロット内臓「Samsung Gear 2 Solo」が輸出入データベースに登場
「Google Glass」が日本のJATEを通過─国内販売に向けた準備か
【液晶パネル】 台湾系のウェアラブル端末、14年はヒット望み薄 調査会社が指摘






台湾や中国の受託生産業者で、ウェアラブル端末の生産から一時的に撤退する動きが出始めているようだ。台湾の金融情報サイト『理財網』(2014年5月6日付)が報じたもので、単価や研究・開発費の安さにより、50万台以上の受注規模がなければ利益が見込めないのが原因。現状、ブランド業者からの発注は10万〜20万台規模にとどまっていることから、携帯電話を受託生産する業者の一部は、市場が成熟するまで一時的に生産から撤退することを決めたとしている。



ウェアラブルは何を変えるのか?ウェアラブルは何を変えるのか?
(2013/12/24)
佐々木俊尚

商品詳細を見る
関連記事
スポンサーサイト



この記事へのコメント

トラックバック

URL :

プロフィール

miyabi

  • Author:miyabi
  • 2013/1よりディスプレイ周りの技術情報を掲載。

    Twitter @deep2black
カレンダー
10 | 2020/11 | 12
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -
最近の記事
タグリスト
カテゴリー
アーカイブ
リンク
人気記事
ブログ内検索
関連書籍
RSSフィード
Twitter