FC2ブログ

【液晶パネル】 台湾系タッチパネル業者、スマホ用でいまだiPhone 4頼みの現実

EMSOneより。
【液晶パネル】 台湾系タッチパネル業者、スマホ用でいまだiPhone 4頼みの現実

touch-screen_touchpanel_image_view.jpg

2014年第1四半期の携帯電話用タッチパネル世界出荷が前期比2割強減少したと報じられています。
ただし台湾系業者については、同12.4%増と世界平均を大きく上回ったとの事。



米アップル(Apple)が新興市場向けにスマートフォン「iPhone」の旧モデル
「iPhone 4」「iPhone 4S」の量産を続けていることで、同機にタッチパネルを供給する
TPK(宸鴻)や、台湾フォックスコン傘下のGIS(General Interface Solution=英特盛)の
出荷が好調だったことや、Wintek(勝華)がフィンランド・ノキア(Nokia)の
スマホ「Asha」シリーズの受注に成功したことなどを台湾系の好調の原因として挙げているようです。

いまだに「iPhone4」シリーズの量産が続けられていることは驚きですが
部品メーカーにとっては息が長く魅力的な製品であるといえそうです。

当ブログ関連記事
【液晶パネル】 TPK、レノボ・サムスンのタブレット用タッチパネル受注か 中国系競合の品質に問題?
【液晶パネル】 タッチパネルモジュール価格2〜3割下落へ 2014年 WitsView予測
【部材】2014年Q1の中国タッチパネル出荷数は前期比5%減に
【部材】台湾タッチパネルメーカー、価格下落でライン集約の動き
【液晶パネル】 パネル各社、スマホ用「ブリッジオンセル」でOGSタッチパネルに対抗へ





調査会社DIGITIMES Researchは2014年4月28日に公表したレポートで、2014年第1四半期の携帯電話用タッチパネル世界出荷が前期比2割強減少したのと見方を明らかにした。ただ、台湾系業者については、同12.4%増と世界平均を大きく上回ったとの見方を示した。米アップル(Apple)が新興市場向けにスマートフォン「iPhone」の旧モデル「iPhone 4」「iPhone 4S」の量産を続けていることで、同機にタッチパネルを供給するTPK(宸鴻)や、EMS(電子機器受託生産)世界最大手、台湾フォックスコン傘下のGIS(General Interface Solution=英特盛)の出荷が好調だったことや、Wintek(勝華)がフィンランド・ノキア(Nokia)のスマホ「Asha」シリーズの受注に成功したことなどを台湾系の好調の原因として挙げた。


スマートフォン・タッチパネル部材の最新技術便覧スマートフォン・タッチパネル部材の最新技術便覧
(2013)
(株)タッチパネル研究所 板倉 義雄

商品詳細を見る
関連記事
スポンサーサイト



この記事へのコメント

トラックバック

URL :

プロフィール

miyabi

  • Author:miyabi
  • 2013/1よりディスプレイ周りの技術情報を掲載。

    Twitter @deep2black
カレンダー
12 | 2021/01 | 02
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
最近の記事
タグリスト
カテゴリー
アーカイブ
リンク
人気記事
ブログ内検索
関連書籍
RSSフィード
Twitter