FC2ブログ

京大、高い電荷輸送特性の有機半導体材料を開発-固体状態で分子配列密に

日刊工業新聞より。
京大、高い電荷輸送特性の有機半導体材料を開発-固体状態で分子配列密に

kyotoUniv_organicsemiconductor_constract_image.png

京都大学化学研究所若宮淳志准教授、西村秀隆大学院生、村田靖次郎教授、梶弘典教授らの研究グループは、
固体状態で分子が密に配列して電荷輸送特性が高い有機半導体材料を開発したと発表しています。

従来、結晶性材料は平面型が、非晶質の材料はねじれ構造のものが使われていましたが、
今回は固体中で分子の配向、配列を制御した「準平面型構造」の骨格となり
太陽電池の光電変換効率向上につながると期待されるとしています。

kyotoUniv_organicsemiconductor_amo_image.png

研究グループは平面構造から少しだけねじれた準平面構造に着目し
三つのベンゼン環を部分的につなげて骨格を組み上げています。
この化合物の特性を評価したところ、結晶中で分子同士が重なり、1次元の配列を形成した事を確認。
マイクロ波で電荷移動度を測定すると、分子が重なった方向で高い電荷移動度が示されたということです。

kyotoUniv_organicsemiconductor_device_direction_image.png

開発した材料は非晶質膜中で基板に対して垂直方向に電荷が移動しやすい構造を保てるとしており
太陽電池の効率化以外に、有機EL素子の高性能化などへの貢献を目指すとの事です。


京都大学ニュースリリース
準平面型の骨格を用いた革新的有機半導体材料開発に成功 -太陽電池の高効率化に期待-

関連記事
マイナビニュース:京大、有機EL素子の高効率化に繋がる準平面型構造の有機半導体材料を開発
ワイリー・サイエンスカフェ:
<論文紹介> 京都大・若宮准教授らが「準平面型」骨格を用いた有機半導体材料の開発に成功、
有機エレクトロニクスへの応用に期待

日本の研究.com:【注目記事】京大、有機EL素子の高効率化に繋がる準平面型構造の有機半導体材料を開発

当ブログ関連記事
京大、太陽電池・有機EL向け有機材を構成するための溶けやすい骨格開発





京都大学化学研究所若宮淳志准教授、西村秀隆大学院生、村田靖次郎教授、梶弘典教授らの研究グループは、固体状態で分子が密に配列して電荷輸送特性が高い有機半導体材料を開発した。従来、結晶性材料は平面型が、非晶質の材料はねじれ構造のものが使われていたが、今回は固体中で分子の配向、配列を制御した「準平面型構造」の骨格となる。太陽電池の光電変換効率向上につながると期待される。
 研究グループは平面構造から少しだけねじれた準平面構造に着目。三つのベンゼン環を部分的につなげて骨格を組み上げた。この化合物の特性を評価したところ、結晶中で分子同士が重なり、1次元の配列を形成した。マイクロ波で電荷移動度を測定すると、分子が重なった方向で高い電荷移動度が示されたという。
 開発した材料は非晶質膜中で基板に対して垂直方向に電荷が移動しやすい構造を保てる。太陽電池の効率化以外に、有機EL素子の高性能化などへの貢献を目指す。


有機半導体のデバイス物性 (KS物理専門書)有機半導体のデバイス物性 (KS物理専門書)
(2012/03/22)
安達 千波矢

商品詳細を見る
関連記事
スポンサーサイト



この記事へのコメント

トラックバック

URL :

プロフィール

miyabi

  • Author:miyabi
  • 2013/1よりディスプレイ周りの技術情報を掲載。

    Twitter @deep2black
カレンダー
10 | 2020/11 | 12
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -
最近の記事
タグリスト
カテゴリー
アーカイブ
リンク
人気記事
ブログ内検索
関連書籍
RSSフィード
Twitter