FC2ブログ

積水化学、フレキシブル圧電センサー開発-特殊樹脂使わず安価

日刊工業新聞より。
積水化学、フレキシブル圧電センサー開発-特殊樹脂使わず安価に

sekisuikagaku_presselectrosensor_stracture_image.jpg

積水化学工業は、汎用樹脂とアルミニウムシートで構成する
フレキシブル圧電センサーを開発したと発表しています。

身体の表面にかかる微弱な圧力から脈拍や呼吸などを検知する事ができ
特殊樹脂を使ったセンサーよりも価格面や安定供給性で優れる点を強みに、
在宅医療や車両運転の健康管理に使うウェアラブル機器へ応用を検討しているようです。
2017年ごろの商業化を目指すとの事。

技術の独自性・スペックなどは下記になります。
①スペック
耐久性:80℃ RH95% 3ヶ月、-20℃ 3ヶ月、屈曲500回、高圧2MPa
感度:30mV/N(対象=脈拍)
厚さ:700μm
精度:回路処理により、脈拍、呼吸、いびき、体動への分離抽出が可能

②規格サイズ 
2×2㎝から100×100㎝の大面積まで生産可能
  
③デザイン性
フレキシブル性を活かし、自由なデザイン設計が可能
  
④汎用性
特殊なプラスチックシートを材料とする従来の圧電センサーと比べ、
今回の開発品は汎用のポリオレフィンをベースとしているため、より幅広い分野への製品提供が可能

sekisuikagaku_presselectrosensor_function_image.jpg

発泡ポリオレフィン製シート内部の気泡を緻密化し、周辺の絶縁性も改善しているとしており
気泡周辺を永久帯電化することに成功しています。
シートが圧縮されると両端にあるアルミ電極シートに電荷が発生し、
これを電気信号にして圧力を検知する仕組みとなっています。
モバイル端末用テープ基材や自動車内装品、住宅建材向けの発泡ポリオレフィンの
製造技術を生かし開発したとの事です。

積水化学工業ニュースリリース
高感度・薄型の圧電センサーを開発しました
~居眠りや疲労の検知、高齢者の体調見守りなど、幅広い用途を検討~


関連記事
日経テクノロジーOnline:積水化学、居眠り検知や高齢者見守り用途に汎用材料で圧電センサー
Response:積水化学、高感度圧電センサーを開発…居眠り検知センサーなどに用途


積水化学工業は14日、汎用樹脂とアルミニウムシートで構成するフレキシブル圧電センサーを開発したと発表した。身体の表面にかかる微弱な圧力から脈拍や呼吸などを検知する。特殊樹脂を使ったセンサーよりも価格面や安定供給性で優れる点を強みに、在宅医療や車両運転の健康管理に使うウェアラブル機器へ応用する。2017年ごろの商業化を目指す。
 発泡ポリオレフィン製シート内部の気泡を緻密化し、周辺の絶縁性も改善した。気泡周辺を永久帯電化することに成功した。シートが圧縮されると両端にあるアルミ電極シートに電荷が発生し、これを電気信号にして圧力を検知。モバイル端末用テープ基材や自動車内装品、住宅建材向けの発泡ポリオレフィンの製造技術を生かし開発した。

関連記事
スポンサーサイト



この記事へのコメント

トラックバック

URL :

プロフィール

miyabi

  • Author:miyabi
  • 2013/1よりディスプレイ周りの技術情報を掲載。

    Twitter @deep2black
カレンダー
10 | 2019/11 | 12
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最近の記事
タグリスト
カテゴリー
アーカイブ
リンク
人気記事
ブログ内検索
関連書籍
RSSフィード
Twitter