FC2ブログ

パナソニック、深紫外線LEDモジュール参入-除菌製品発売へ

日刊工業新聞より。
パナソニック、深紫外線LEDモジュール参入-除菌製品発売へ

panasoniv_DUV-LED_module_image.jpg

パナソニックは除菌作用がある波長の短い深紫外線を発生する
深紫外線LEDモジュール市場に参入すると発表しています。

深紫外線を10mW以上の出力で発光し、10分間の照射で99.9%以上除菌する製品を6/16に発売する予定との事です。
現在、深紫外線領域の光源は直管型水銀ランプが主流ですが、大サイズで用途が限られ、
環境負荷物質を含む課題もあったとの事。
新製品は小型で防滴性能も付加し、美容家電や住宅設備などを初期ターゲットとしています。
今後出力をアップし、工場などの水銀ランプからの置き換えも視野にいれる模様です。

panasoniv_DUV-LED_module_output_image.jpg


製品化するモジュールのサイズは15×25×3.25mmでピーク波長は270nm、
寿命は直管型水銀ランプの約2倍の1万時間としています。価格は2000-3000円を想定しているとの事。
月産計画は1万台で、国内工場で生産する予定です。

panasoniv_DUV-LED_module_size.jpg


深紫外線は300nm以下の短い波長で照射することで大腸菌や汚れの原因となる
カビ菌などのDNAの複製を阻止し、除菌を行います。
同波長域を発するLEDチップは一般的な照明用の同チップと材料が異なり、
量産技術の確立が難しいそうです。
同社は理化学研究所と共同開発したチップをベースに培った
半導体生産技術や実装技術などを使って実用化。
歯ブラシの除菌など小物家電や美容家電での利用のほか、
トイレや靴箱など住宅設備機器における除菌機能としての採用を想定しているとの事。

同社自身が家電を手掛けていますので、今後同モジュールを搭載した製品が登場するものと思われます。
照明用途に普及が広がっているLEDですが、産業用途にも裾野を広げそうです。
丸文などが同様に理研とLEDの効率化手法を開発していますが、関わっているのでしょうか?

関連資料:
JST新技術説明会資料
深紫外高効率LEDの開発と応用 
理化学研究所 平山秀樹氏

パナソニックニュースリリース
10mW以上*の出力で発光する深紫外線LED(UV-LED)モジュールを新発売

関連記事
日経テクノロジーOnline:パナソニック、LEDで深紫外線を発生させる除菌用モジュールを発売へ
EDNJapan:パナソニック UV-EC910ZA:除菌作用のある深紫外線を発光するLEDモジュール

当ブログ関連記事
丸文・理研など、高効率LEDで新製法-外部量子効率30%に


パナソニックは除菌作用がある波長の短い深紫外線を発生する深紫外線LEDモジュール市場に参入する。深紫外線を10ミリワット以上の出力で発光し、10分間の照射で99・9%以上除菌する製品を6月16日に発売する予定。現在、深紫外線領域の光源は直管型水銀ランプが主流だが、大サイズで用途が限られ、環境負荷物質を含む課題もあった。新製品は小型で防滴性能も付加し、美容家電や住宅設備などを初期ターゲットとする。今後出力をアップし、工場などの水銀ランプからの置き換えも視野にいれる。
 製品化するモジュール(写真)のサイズは15ミリ×25ミリ×3・25ミリメートル。ピーク波長は270ナノメートル。寿命は直管型水銀ランプの約2倍の1万時間。価格は2000―3000円を想定。月産計画は1万台で、国内工場で生産する。
 深紫外線は300ナノメートル以下の短い波長。照射することで大腸菌や汚れの原因となるカビ菌などのDNAの複製を阻止し、除菌する。同波長域を発するLEDチップは一般的な照明用の同チップと材料が異なり、量産技術の確立が難しい。
 同社は理化学研究所と共同開発したチップをベースに培った半導体生産技術や実装技術などを使って実用化。歯ブラシの除菌など小物家電や美容家電での利用のほか、トイレや靴箱など住宅設備機器における除菌機能としての採用を想定する。

関連記事
スポンサーサイト



この記事へのコメント

トラックバック

URL :

プロフィール

miyabi

  • Author:miyabi
  • 2013/1よりディスプレイ周りの技術情報を掲載。

    Twitter @deep2black
カレンダー
12 | 2021/01 | 02
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
最近の記事
タグリスト
カテゴリー
アーカイブ
リンク
人気記事
ブログ内検索
関連書籍
RSSフィード
Twitter