ZMP、歩道走行型の宅配ロボ開発 100㎏の荷物を玄関先まで

日刊工業新聞
ZMP、歩道走行型の宅配ロボ開発 100kgの荷物を玄関先まで

ZMP_delibery-robo_image1.jpg

ZMPは、歩道走行型の宅配ロボット「キャリロデリバリー」のプロトタイプを開発したとしています。

スポンサーサイト

【抜粋記事】百度、自動運転オープンソース化の詳細を公開

日経テクノロジーオンライン
百度、自動運転オープンソース化の詳細を公開

baidu_apollo_project_conf_image1.jpg

中国のIT大手企業の百度は、自動運転に関するプラットフォームをオープンソース化する「アポロ計画」を始動


自動運転プラットフォーム「Apollo 1.0」を無料公開した



【抜粋記事】テスラのライバル ファラデー、最高技術責任者を指名…前BMW i トップ

RESPONSE
テスラのライバル ファラデー、最高技術責任者を指名…前BMW i トップ

FaradayFuture_FF91_CES_image1.jpg

米国のファラデー・フューチャー社は7月17日、新たなCTO(チーフ・テクニカル・オフィサー)に、ウルリッヒ・クランツ氏を指名すると発表


同社は、米国カリフォルニア州ロサンゼルスに本拠を置く新興企業。オリジナルEVの『FF91』を発表し、EV市場に参入


今回、ファラデー・フューチャー社は、チーフテクニカルオフィサーに、クランツ氏を起用すると発表。同氏は、BMWグループにおいて、電動車を扱うブランド、「i」のトップを務めてきた人物。自動車業界でのキャリアは、30年以上に及ぶ



当ブログ関連記事
【抜粋記事】テスラのライバルFaraday Future、第2工場の建設を中止
新興企業Faraday Future、1000馬力の電気自動車コンセプト「FFZERO1」披露--テスラの競合に?(追記)

    

東大・慶大、皮膚呼吸が可能な貼り付け型ナノメッシュセンサー

日刊工業新聞
東大・慶大、皮膚呼吸が可能な貼り付け型ナノメッシュセンサー

tokyo-keio-univ_nanomeshsensor_image1.jpg
皮膚貼り付け型ナノメッシュ電極を人差し指に装着し、フレキシブルバッテリーから電力を供給して
発光ダイオードを点灯させた(東大提供)

東京大学大学院工学系研究科の染谷隆夫教授(理化学研究所主任研究員兼務)らは、
慶応義塾大学医学部の天谷雅行教授らと共同で、皮膚呼吸が可能な貼り付け型ナノメッシュセンサーを
開発したとしています。

「グーグルグラス」法人向けに復活 工場や病院想定

日本経済新聞
「グーグルグラス」法人向けに復活 工場や病院想定

Google-glass_enterprise_ed_AGCO_image1.jpg
「グラス」のディスプレーにマニュアルを表示しながら作業をする先行導入企業AGCOの作業員

米グーグルの持ち株会社アルファベットは、法人市場に特化したメガネ型のウエアラブル端末
「グラス・エンタープライズ・エディション」を発表しています。
グーグルは2013年に初代「グーグルグラス」を限定発売しましたが、プライバシー侵害への懸念などから
15年に販売を中止。法人向けに用途や機能を絞り込んで復活させています。

【抜粋記事】シャープ、平成30年度に家庭用8Kテレビ投入 液晶メインで開発

産経WEST
シャープ、平成30年度に家庭用8Kテレビ投入 液晶メーンで開発

Sharp_IGZO_logo_image1.jpg

シャープは、平成30年12月に超高精細な8K・4Kの本放送が始まるのに合わせ、放送技術に対応した家庭用の液晶テレビや周辺機器を発売することを明らかにした


現在、8K用ディスプレー、受信機は、28年開始の試験放送にあわせてシャープのみが業務用として事業化している。今後は30年の本放送開始に向けて家庭用テレビ、周辺機器を投入


今後の8Kテレビ開発について、液晶テレビをメーンとしていく方針を示した。各社が注力している有機ELテレビに比べ、液晶は消費電力が少ないなどのメリットがあるという。シャープは「8K高精細テレビをいち早く実現できる唯一の技術が液晶だ」(デジタル情報家電事業本部副本部長の喜多村和洋氏)と強調



当ブログ関連記事
【抜粋記事】日本の電機 復活なるか
ロボホンの中身売ります シャープ、対話用基板を外販へ
【抜粋記事】守りから攻めに転じたシャープ、AIoT、8K軸にグローバル強化

    

住友電工が大型蓄電池にチタン系材料、コスト半減でNASのライバルに?

NEWSWITCH
住友電工が大型蓄電池にチタン系材料、コスト半減でNASのライバルに?

Sumitomo-denki_RF-cell_image1.jpg
レドックスフロー電池の実証設備

住友電気工業は2018年度にも、電解液にチタン系材料を採用した新型の大型蓄電池
「レドックスフロー(RF)電池」を市場投入するとしています。


【抜粋記事】次世代3Dディスプレイ「ライトフィールド」は飛び出さない、中にモノがある

MONOist
次世代3Dディスプレイ「ライトフィールド」は飛び出さない、中にモノがある

NHK_JDI_light-field-display_image4.jpg

NHKメディアテクノロジー(NHK-MT)とジャパンディスプレイ(JDI)は、東京都内で会見を開き、両社で共同開発を進めている、裸眼で3D映像が見られる技術「ライトフィールドディスプレイ」について説明



【抜粋記事】自動運転車が緊急車両の接近を認識---ウェイモが走行テスト

RESPONSE
自動運転車が緊急車両の接近を認識---ウェイモが走行テスト

Waymo_emagency-silen-test_image1.jpg

グーグル(Google)の自動運転車の開発部門、ウェイモは7月12日、自動運転車が緊急車両とその音を認識する技術を開発する目的で、走行テストを行ったと発表



アイカ工業、封止剤で有機EL開拓 耐湿・耐熱機能付加

日刊工業新聞
アイカ工業、封止剤で有機EL開拓 耐湿・耐熱機能付加

AICA_logo_image1.jpg

アイカ工業はディスプレー用封止剤、接着剤で有機エレクトロ・ルミネッセンス(EL)市場を開拓するとしています。
耐湿、耐熱などの機能を付加し、有機ELの耐久性向上につながる材料として売り込むとのこと。
現在、有機EL向けの売り上げはほぼゼロに近い状態ですが、2020年度に12億円を目指すとしています。

【抜粋記事】「タクシー業界も自動運転受け入れて」、日の丸交通とZMPが無人運転に乗り出す

MONOist
「タクシー業界も自動運転受け入れて」、日の丸交通とZMPが無人運転に乗り出す

ZMP-Hinomaru_auto-taxi_image1.jpg
ZMPと日の丸交通が無人運転タクシーの実用化に向けた研究会を立ち上げた

ZMPと日の丸交通は2017年7月11日、東京都内で会見を開き、無人運転タクシーの実用化に向けた研究会を立ち上げたと発表した。2020年に本格営業を開始する目標



【抜粋記事】韓国LG、グーグルの新スマホ「Pixel 2」にOLEDパネル提供へ(追記)

Forbes
韓国LG、グーグルの新スマホ「Pixel 2」にOLEDパネル提供へ

LG-display_logo_image2.jpg

最新のリーク情報によるとLGはついに今秋発売の同社のスマホ「V30」とグーグルの「Pixel 2」向けにOLEDの供給を開始するようだ



【抜粋記事】MWC上海に見る中華スマホ最新事情。人気機種ではデュアルカメラが当たり前に:山根博士のスマホよもやま話

engadget
MWC上海に見る中華スマホ最新事情。人気機種ではデュアルカメラが当たり前に:山根博士のスマホよもやま話

MWC_shanghai_devicezone_image1.jpg
MWC上海2017のDevice Zone。各ブースは自撮りのアピールが目立った

世界のスマートフォン市場において、中国メーカーの躍進が続いている。サムスンとアップルは年々シェアを落とし、変わってファーウェイなどの中国勢が勢いづいているのが昨今


3位以下の顔ぶれを見ると、ファーウェイ、オッポ(OPPO)、ビボ(Vivo)、LG、シャオミ、レノボ、TCL、ZTEと続く。10位以内の実に7社が中国メーカーで、そのシェア合計は37.4%にも及んでいる



【抜粋記事】パナ上回る「売上8兆円」中国企業の"凄い"素顔 ファーウェイ本社潜入 —— 年間47%成長するエンタープライズ分野とは

BUSINESS INSIDER
パナ上回る「売上8兆円」中国企業の"凄い"素顔 ファーウェイ本社潜入 —— 年間47%成長するエンタープライズ分野とは

Huawei_campus_imge1.jpg

ファーウェイは今年、創業30周年を迎える。直近の売上高は全世界で5200億人民元(8兆7100億円)。これは日本企業でいえばパナソニック(7兆3400億円)を上回り、日立(9兆1600億円)に迫る規模



【抜粋記事】完全自動運転の時代は「必ずやって来る」

日経テクノロジーオンライン
完全自動運転の時代は「必ずやって来る」

waymo-trials_auto-track_image1.jpg

東京大学 情報理工学系研究科 准教授、名古屋大学 未来社会創造機構 客員准教授、ティアフォー 取締役兼CTOの加藤 真平氏に聞いた



【抜粋記事】BoschがLiDARを量産へ、自動運転「三種の神器」を自ら用意

日経テクノロジーオンライン
BoschがLiDARを量産へ、自動運転「三種の神器」を自ら用意

Bosch_logo_image1.png

ドイツBosch社は、赤外線レーザースキャナー(LiDAR)を量産する方針を固めた。非常時以外は自動で走る「レベル3」以上の自動運転車に、LiDARが欠かせないと判断



【抜粋記事】AI自働運転の開発でNVIDIAと協業したトヨタは何を得るのか? そしてNVIDIAは?

CarWatch
AI自働運転の開発でNVIDIAと協業したトヨタは何を得るのか? そしてNVIDIAは?

GTC2017_NVIDIA_image1.png

NVIDIA(エヌビディア)のテクノロジーカンファレンス「GPU Technology Conference 2017」の基調講演において、NVIDIA 創設者兼CEO ジェンスン・フアン氏は、自動運転車の開発でトヨタ自動車と協業することを発表し、同社の次世代SoC(System On a Chip)であるXavier(エグゼビア)が搭載されることを発表


トヨタ以外に、すでにアウディ、メルセデス・ベンツと自動運転分野での協業発表を行ない自動車業界の主要なプレーヤーに躍り出ようとしている



【抜粋記事】日本の電機 復活なるか

日本経済新聞
日本の電機 復活なるか

Japan_electric-maker_logo_image1.png

日本の電機に復活の道筋は描けるのか、業界のリーダー格である日立製作所の中西宏明会長とソニーの平井一夫社長に聞いた



【抜粋記事】牛や豚にもウェアラブル端末──畜産に革新をもたらす「動物のインターネット」が動き始めた

Wired
牛や豚にもウェアラブル端末──畜産に革新をもたらす「動物のインターネット」が動き始めた

Wired_IoA_cow_image1.jpg

牛や豚といった家畜にウェアラブル端末を取り付け、位置情報や生体情報を管理する取り組みが始まった。この「動物のインターネット」(IoA)とでもいうべきシステムによって、鶏の病気や子豚の事故死が防げるようになるなど、畜産の効率がアップするのだという



【抜粋記事】「人不要の自動運転には5年超」アウディ開発トップに聞く(追記)

日本経済新聞
「人不要の自動運転には5年超」アウディ開発トップに聞く

audi_logo_image.jpg

世界で初めてとなる「レベル3」の自動運転車「A8」を発表したアウディ。システムが運転の責任を担う初めてのクルマだ。全社の開発のトップを務めるペーター・メルテンス取締役は11日、日本経済新聞などの取材に対し、人の関与がさらに不要になるには「5年プラスアルファが必要」と明らかにした



【抜粋記事】新東名で自動運転の実証実験が始まる…国土交通省 自動車局 蛯原勇紀氏(追記)

Response
【インタビュー】 新東名で自動運転の実証実験が始まる…国土交通省 自動車局 蛯原勇紀氏

Japanmaker_auto-drive-cars_image1.jpg

国土交通省自動車局に、国土交通省の自動運転の実現に向けた取り組みの動向を聞いた




【抜粋記事】市販車で世界初の自動運転「レベル3」実現…A8 新型、バルセロナで初公開(追記)

Response
市販車で世界初の自動運転「レベル3」実現…A8 新型、バルセロナで初公開

Audi_2017_new_A8_image1.png

アウディは、スペイン・バルセロナで現地時間7月11日に開催した「アウディサミット」の中で、市販車として世界初となる「レベル3」自動運転を採用した高級セダン、新型アウディ『A8』を初公開した



【抜粋記事】トヨタがシリコンバレーにVC設立 1億ドルで自動運転を加速

Forbes
トヨタがシリコンバレーにVC設立 1億ドルで自動運転を加速

Toyota_logo_image1.jpg

トヨタは7月11日、米シリコンバレーにスタートアップ育成に特化したファンド「トヨタAIベンチャーズ」を設立すると宣言した。手始めに1億ドルの資金をスタートアップ育成に投入していく



【抜粋記事】EV時代の知られざる勝者 ダブル・スコープ|電池部品メーカー

日経ビジネス
EV時代の知られざる勝者 ダブル・スコープ|電池部品メーカー

w-scope_sepalater_image1.jpg
ダブル・スコープの韓国工場の生産ライン。伸ばされたセパレーターを巻き取る最終工程だ。
レーザーで厚さなどの品質をチェックする

http://w-scope.co.jp/

韓国サムスン電子出身の崔元根社長が、2005年に創業した電池部品ベンチャー。売上高は100億円に達する段階だが、急成長を続けており、1000億円規模を目指す。強みは他社を圧倒する生産技術



【抜粋記事】新型iPhoneが売れれば売れるほど「サムスンが儲かる」という話

Forbes
新型iPhoneが売れれば売れるほど「サムスンが儲かる」という話

samsung logo_image2

サムスンは2017年4-6月期(第2四半期)の暫定決算を発表。営業利益は前年同期比72%増の14兆ウォン(約1兆3700億円)に上る見通し



【抜粋記事】スマホの有機ELパネル採用率は2020年にはほぼ5割に到達 - TrendForceが予測

マイナビニュース
スマホの有機ELパネル採用率は2020年にはほぼ5割に到達 - TrendForceが予測

Witsview_2015-2020_OLED_rate_image1.jpg
ディスプレイの種類別に見たスマホの出荷台数推移予測(単位:百万台)と、有機EL搭載機種の比率(%)。濃い緑がTFT-LCD、薄い緑が有機EL、折れ線が有機EL搭載機種の比率 (出所:WitsView)

WitsViewは、「有機ELは近い将来、グローバルなスマホ市場で主流になるのは間違いなく、有機ELパネルのスマホへの搭載率は数量ベースで2020年までにおよそ5割に達する」との予測を発表



【抜粋記事】三菱ケミカル、ついに動く「最強工場」の実力

東洋経済
三菱ケミカル、ついに動く「最強工場」の実力

Mitsubishi-Chem_MMA-Plant_singapole_image1.jpg
独自の製法を用いたシンガポールのMMA工場(写真:三菱ケミカル)

中東・サウジアラビアの東部で、日本の総合化学メーカー最大手、三菱ケミカルの巨大な新工場が立ち上がる。生産するのはアクリル樹脂原料となる汎用石化品のMMA(メタクリル酸メチル)。約1000億円を投じた設備はすでに完成し、8月から商業生産を開始




ロボホンの中身売ります シャープ、対話用基板を外販へ

朝日新聞
ロボホンの中身売ります シャープ、対話用基板を外販へ

Sharp_Robohon_image1.jpg
シャープのロボット型携帯電話「ロボホン」

シャープは、携帯型ロボット電話「ロボホン」などに使われている対話用AI(人工知能)の基板や仕組みを、
2018年度から外販する方針を明らかにしています。
ロボホンは声で操作したり、話しかけると質問内容に答えてくれたりしますが
こうした機能を他社の機器やサービスでも使えるようにするとのこと。

旭硝子、導光板用ガラスを開発-業界最高水準の光透過性能

日刊工業新聞
旭硝子、導光板用ガラスを開発-業界最高水準の光透過性能

AGC_XCV_image1.jpg

旭硝子は、業界最高水準の光透過性能を実現した導光板用ガラスを開発し、液晶パネルメーカー最大手の
韓国LGディスプレイに採用されたと発表しています。
LGディスプレイからの大量受注を受け、8月にも海外工場で量産を始めるとのこと。

【抜粋記事】CFRPプレス成形の技術トレンド-期待が高まるプレス成形技術

日刊工業新聞
CFRPプレス成形の技術トレンド-期待が高まるプレス成形技術

CFRP_image3.jpg

多様な分野で炭素繊維強化プラスチック(CFRP)の採用が広がり、量産プレス成形技術が注目されている



NEXT≫
プロフィール

miyabi

  • Author:miyabi
  • 2013/1よりディスプレイ周りの技術情報を掲載。

    Twitter @deep2black
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最近の記事
タグリスト
カテゴリー
アーカイブ
リンク
人気記事
ブログ内検索
関連書籍
RSSフィード
Twitter