神奈川産技研など、触媒なしで基板上に直接成長−グラフェン合成開発

日刊工業新聞
神奈川産技研など、触媒なしで基板上に直接成長−グラフェン合成開発

Kanagawa_graphene_image1.jpg

神奈川県立産業技術総合研究所の金子智主任研究員とジャパン・アドバンスト・ケミカルズ(相模原市中央区)、
東京工業大学の吉本護教授らの研究チームは、触媒が不要で、基板上に直接成長できるグラフェンの
新しい合成法を開発したとしています。
二酸化炭素(CO2)で酸化させる手法で、均一な膜を1層ずつ1分と短時間で効率良く作れるとのこと。
高品質なグラフェン素子の大量生産に道を開くとしており、米化学会発行の科学誌ACSオメガに掲載されています。

スポンサーサイト
プロフィール

miyabi

  • Author:miyabi
  • 2013/1よりディスプレイ周りの技術情報を掲載。

    Twitter @deep2black
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
最近の記事
タグリスト
カテゴリー
アーカイブ
リンク
人気記事
ブログ内検索
関連書籍
RSSフィード
Twitter