FC2ブログ

サムスン、40型TV用液晶工場をiPhone用有機EL生産用に転換

EMSOne
【液晶パネル】 サムスン、40型TV用液晶工場をiPhone用有機EL生産用に転換

samsung logo_image2

韓国サムスンディスプレイ(Samsung Display)が、米アップル(Apple)のスマートフォン「iPhone」に供給する
有機EL(OLED)パネルの生産規模を確保するため、現在テレビ(TV)用液晶などを生産する現行の第7世代ラインを
2016年12月で閉鎖し、OLED生産ラインに転換すると報じられています。
専門家は、これによりTV用の40型が供給不足に陥るとともに、AUO(友達)、INNOLUX(群創、旧CMI)の
台湾系2社が、サムスンから流出する40型などの受注を獲得するものと見ているようです。

当ブログ関連記事
【抜粋記事】有機ELテレビに未来はない?サムスン電子はどう動くのか?=中国
【抜粋記事】Samsungの空中投影ディスプレー、展示に絶えず行列
有機EL搭載iPhoneのタッチセンサー供給、Nissha有力
サムスンが1兆円先行投資か、iPhoneディスプレーで-関係者


スポンサーサイト



光源を利用したデスミア技術を展示、ウシオ電機

EETimes
光源を利用したデスミア技術を展示、ウシオ電機

Ushio_logo_image1.jpg

ウシオ電機は、「JPCA Show 2016」で、光源を利用したデスミア技術「フォトデスミア」の参考展示を行っています。


【抜粋記事】米小売大手Walmart、ドローンを倉庫内管理に導入へ

CNET
米小売大手Walmart、ドローンを倉庫内管理に導入へ

walmart_logo_image1.jpg

米小売大手のWalmartは、ドローンを自社の倉庫に今後6~9カ月で導入する予定だという


Walmartは、リモコンで制御されたドローンを使用することを考えており、このドローンは、倉庫の棚に置かれた商品を毎秒30フレームで撮影可能だという。ドローンからの情報は、間違った場所に置かれている商品や在庫数が少なくなっている商品の特定に使用できる。



当ブログ関連記事
米ウォルマート、ドローン運行実験の許可をFAAに申請
アマゾン、オーストリアにドローン関連の新研究開発設立(The Verge報道)
アマゾン、配送ドローンの新型プロトタイプを披露--YouTube動画を公開

    

【抜粋記事】ハイアール、GE家電部門の買収を完了

CNET
ハイアール、GE家電部門の買収を完了

GE_Haier_logo_image1.jpg

General Electric(GE)の家電部門が正式に中国の家電メーカーHaier(ハイアール)の傘下となった


Haierは当初、GE Appliancesを54億ドルで買収するとみられていたが、GEによると、「同事業部門の運転資本の増加」を受けて買収額が約2億ドル引き上げられたという。GE Appliancesには現在、1万2000人の従業員がおり、ケンタッキー州ルイビルに加えてインディアナ州、アラバマ州、ジョージア州、テネシー州の施設で家電製品の製造に従事している。



当ブログ関連記事
米GEが54億ドルで家電事業売却へ、中国の青島ハイアールと合意
中国家電2社がChromebook参入 ハイアールとHisense
「中国スマホ」に存在感 欧州最大の家電見本市―IFA2014

    

【抜粋記事】東工大&岡山大発の人工筋肉ベンチャー「s-muscle」が始動! - 代表・鈴森教授が考える革新的なロボットとは

マイナビニュース
東工大&岡山大発の人工筋肉ベンチャー「s-muscle」が始動! - 代表・鈴森教授が考える革新的なロボットとは

s-muscle_suzumori_image1.jpg

人工筋肉と一口に言っても、ゴムや導電性ポリマー、形状記憶合金、カーボンナノチューブで作られたものなど、現在ではさまざまなものが研究されているが、鈴森教授が着目しているのは、「マッキベン型」と呼ばれる人工筋肉


「マッキベン型は空気圧で動作する人工筋肉で、原理自体は1960年くらいからあります。収縮率(収縮した長さを元の長さで割った値)が25%程度で、人間の筋肉に比べて3~5倍の力があります。収縮率や力の大きさでいくと今のところ唯一使える人工筋肉だと考えています」(鈴森教授)


マッキベン型の人工筋肉は、ゴムチューブの外周にメッシュを編んだ構造をしている。ゴムチューブ内に空気を送り込んで圧力を高めると、ゴムチューブが膨らみ、メッシュが径方向に広がる。すると、メッシュの角度が周方向に傾き、その分、人工筋肉が軸方向に収縮するという仕組みになっている。


鈴森教授らは岡山県倉敷市の製紐会社 池田製紐所の協力のもと、顕微鏡を見ながら繊維の角度を調整したり、耐久性のある材料を研究したりすることで、細径化を実現。さらに、大量生産を可能にした。


マッキベン型の人工筋肉にも課題はある。それは、コンプレッサ(空気圧縮機)が必要となる点。


s-muscleでは、東京都小金井市のコガネイという空気圧機器メーカーとともに、小型空圧ポンプの開発を行っていく。


また、基礎研究の段階ではあるが、人工筋肉のなかに小型のコンプレッサとして、燃料電池を組み込むことも考えているという。



当ブログ関連記事
北大と大塚化学、強度・耐久性がゴム並みのハイドロゲル開発(追記)
国際ロボット展開催、災害救助ロボやパワードスーツにも視線集まる
理研ら、人工筋肉の実現につながるヒドロゲルを開発
電通大、3Dプリンターで柔軟に動かせる筋電義手を作製-筋肉の動きを義手に記憶

    
プロフィール

miyabi

  • Author:miyabi
  • 2013/1よりディスプレイ周りの技術情報を掲載。

    Twitter @deep2black
カレンダー
06 | 2016/07 | 08
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
最近の記事
タグリスト
カテゴリー
アーカイブ
リンク
人気記事
ブログ内検索
関連書籍
RSSフィード
Twitter