FC2ブログ

【抜粋記事】有機ELテレビに未来はない?サムスン電子はどう動くのか?=中国

サーチナ
有機ELテレビに未来はない?サムスン電子はどう動くのか?=中国

samsung logo_image2

記事は撤退を示唆する情報としてサムスン電子テレビ事業部のある責任者の見解を紹介。この責任者は、サムスンには有機ELテレビ陣営に今すぐ参加する考えはなく、少なくとも2、3年はそうしないという見解を示しており、しかも「有機ELテレビに未来はない」と発言したという。


「サムスン電子が有機ELテレビから手を引くのはあり得ない」ことであり、「有機ELテレビに未来はない」とする宣言は「策略の1つではないか」と論じた。


この宣言はLG製の有機ELテレビの社会に対する影響力を弱め、「その間にサムスンは自社製の有機ELテレビ生産に必要な技術突破の時間を稼ぐ」目的があると記事は分析。



当ブログ関連記事
LGDの曲面有機EL、小米とファーウェイがスマホに採用決定の報道
サムスンが1兆円先行投資か、iPhoneディスプレーで-関係者
鴻海・シャープIGZOに暗雲? 酸化物半導体液晶でサムスン生産規模がシャープ超えへ
有機EL、Samsung Displayが大規模投資へ

    
スポンサーサイト



【抜粋記事】NECが航空電子を買い戻す

日経テクノロジーオンライン
NECが航空電子を買い戻す

Nihon-koukuu-dennshi_NEC_about_image1.jpg
航空電子の概況

NECは、コネクターなどの電子部品メーカーである日本航空電子工業を連結子会社化する方針を発表


NECはIoT時代の到来など、社会・経済構造が変化するなかで、ICTを活用した社会ソリューション事業のグローバル化を推進するために両社の連携強化が必要と判断した



当ブログ関連記事
「未知状況下の意志決定支援」目指し、NECと産総研が連携研究室を設立
パナら3社が全自動洗濯折り畳み機「laundroid」で合弁会社設立
スマートウエアが介護人材不足を救う
NEC、携帯電話端末事業をNECモバイルから譲渡--事業は継続(追記)

    

米マイクロソフト、中国の小米に特許売却 長期の提携関係構築へ(追記)

REUTERS
米マイクロソフト、中国の小米に特許売却 長期の提携関係構築へ

Microsoft_logo_image3.jpg

米マイクロソフト(Microsoft)は中国スマートフォンメーカー最大手の小米科技(Xiaomi)と
長期的パートナーシップを構築する一環として、保有する特許1500件程度を同社に売却すると発表しています。

パナソニック、テレビ用液晶パネルから撤退(追記)

NEWSWICH
有機ELは液晶パネルの教訓を生かせるか。「量が質を決める」コモディティ化は宿命
パナソニック、テレビ用から撤退

Panasonic_Himeji-LCD-plant_image1.jpg
パナソニックの姫路工場

パナソニックが9月末をめどに、姫路工場(兵庫県姫路市)で生産しているテレビ用液晶パネルから
撤退することが分かったと報じられています。
約1000人いる従業員の内、100人程度は蓄電池工場などに配置転換するとのこと。
姫路工場は今後も液晶パネル生産を継続しますが、車載、医療用など高付加価値製品に特化するとしています。

【抜粋記事】光が当たってもオン・オフ動作可能な透明酸化物半導体

日経テクノロジーオンライン
光が当たってもオン・オフ動作可能な透明酸化物半導体

AGC_Titech_UWB_image1.jpg AGC_Titech_UWB_image2.jpg
(左)オフ時のデモ (右)オン時のデモ

従来の酸化物半導体を用いたもの(写真中の右)は、オフリーク電流のために、白色LEDが点滅せず、
点灯しっぱなしの一方、新開発の酸化物半導体を用いたもの(写真中の左)は、オフ動作時には
白色LEDが消灯し、きちんと点滅

酸化物半導体を用いた薄膜トランジスタ(TFT)は一般に、光が当たるとオフリーク電流が発生し、特性が劣化してしまう


光が当たっても特性がほとんど劣化しない酸化物半導体のTFTが開発された


東京工業大学 応用セラミックス研究所 教授の細野秀雄氏の研究室と旭硝子のグループが、ディスプレーの学会「SID 2016」で発表


バンドギャップを従来の3.1eVから3.8eVに広げている。このような広いバンドギャップと同時に、電流が流れやすい材料を開発した。キャリア移動度は8cm2/Vsであり、一般的な酸化物半導体の10cm2/Vsに迫るという。



当ブログ関連記事
東工大、導電性の高分子ファイバーが自発的に成長する現象を発見
東工大など、cm規模の面積で高品質の有機薄膜を形成することに成功
菊池製作所、東工大と歩行支援装着型ロボ「ウォークメイト」を開発-日独で臨床試験
東工大など、単分子メカスイッチを開発-抵抗値3段階出力

    

【抜粋記事】「ゴリラガラスに絵を入れました」、Corningが展示

日経テクノロジーオンライン
「ゴリラガラスに絵を入れました」、Corningが展示

Corning_gollira_glass_picture_image1.jpg
タブレット端末やスマートフォンの筐体などへの利用を想定した試作品の展示

米Corning社の「Gorilla Glass(ゴリラガラス)」に、高解像度の印刷を施した新製品「Vibrant Corning Gorilla Glass」を、同社が、ディスプレーの学会「SID 2016」の展示会に出品した。


同社によると、この4月に最初の応用製品が登場したという。台湾Acer社のノートパソコンである。筐体やタッチパッドに、有名なキャラクターが印刷されたVibrant Corning Gorilla Glassが採用された。



当ブログ関連記事
コーニングとフォード、軽量ガラスの研究結果を発表
サンゴバンとコーニング,自動車向け合弁企業を設立
BOE合肥10.5世代ラインに8000億円 18年Q3量産(追記)
コーニング、高いトータルピッチ精度のディスプレイガラスを発売

    
プロフィール

miyabi

  • Author:miyabi
  • 2013/1よりディスプレイ周りの技術情報を掲載。

    Twitter @deep2black
カレンダー
06 | 2016/07 | 08
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
最近の記事
タグリスト
カテゴリー
アーカイブ
リンク
人気記事
ブログ内検索
関連書籍
RSSフィード
Twitter