FC2ブログ

有機ELと反射型液晶を統合、屋外でも見やすく低消費電力 半導体エネルギー研究所が開発

日経テクノロジーオンライン
有機ELと反射型液晶を統合、屋外でも見やすく低消費電力 半導体エネルギー研究所が開発

SEL_logo_image.jpg

モバイル機器用ディスプレーとして現在使われている有機ELや透過型液晶は、屋内ではよく見えますが、
太陽光下の明るい屋外では見えにくくなります。しかも、モバイル機器の電力消費の多くを占めています。
こうした課題の解決策として、有機ELと反射型液晶を組み合わせたハイブリッド型のディスプレーを
半導体エネルギー研究所が開発し、ディスプレーの学会「SID 2016」で発表しています(発表番号:7.2)。
同社はこのディスプレーを「TR-Hybrid Display」と呼んでいます。
TはTransmissive OLED、RはReflective LCを示すとのこと。

スポンサーサイト



グラフェンやメタルメッシュ、透明有機ELに応用 韓国ETRIが試作ディスプレーを披露

日経テクノロジーオンライン
グラフェンやメタルメッシュ、透明有機ELに応用 韓国ETRIが試作ディスプレーを披露

ETRI_graphene_OLED_image1.jpg
グラフェンを用いた透明有機ELディスプレー

韓国の公的研究機関であるETRI(Electronics and Telecommunications Research Institute)は、
グラフェンやメタルメッシュを透明電極に用いた透明有機ELディスプレーの試作品を、ディスプレーの学会
「SID 2016」で発表しています。いずれも世界初の成果だとのこと。

【抜粋記事】 スマホを握るだけで制御できる「ForcePhone」技術、ミシガン大学で開発中

CNET
スマホを握るだけで制御できる「ForcePhone」技術、ミシガン大学で開発中



仕組みはこうだ。スマートフォンに搭載されているスピーカーが、人間の可聴域外のトーンを発する。モバイルデバイスのマイクがそうした高音域のトーンを拾う。カギとなるのは、ユーザーがスマートフォンを握るとトーンがわずかに変調されることで、これをForcePhoneのソフトウェアが分析してコマンドに変換できる。



当ブログ関連記事
Galaxy S7、シナプティクスの感圧センサー「ClearForce」搭載か
マルチタッチ・Force Touchのシングルチップ発表 FocalTech
新「iPhone」、3レベル感圧式「3D Touch」画面を搭載か--次世代「Force Touch」技術
ミネベアとTPK、iPhone 6s用Force Touch始動


京大、光で剥がせる高温使用可能な接着材を開発(追記)

OPTRONICS ONLINE
京大、光で剥がせる高温使用可能な接着材を開発

JST_kyoto-univ_light-melt-adhesive_image1.jpg

JST戦略的創造研究推進事業 個人型研究(さきがけ)「分子技術と新機能創出」領域において、
京都大学の研究グループは、高温でも使用でき、光で剥がせる液晶接着材料の開発に
初めて成功したと発表しています。

プロフィール

miyabi

  • Author:miyabi
  • 2013/1よりディスプレイ周りの技術情報を掲載。

    Twitter @deep2black
カレンダー
06 | 2016/07 | 08
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
最近の記事
タグリスト
カテゴリー
アーカイブ
リンク
人気記事
ブログ内検索
関連書籍
RSSフィード
Twitter