FC2ブログ

東工大など、ナノインプリント技術で樹脂に原子サイズの加工

日刊工業新聞より。
東工大など、ナノインプリントでアクリル樹脂に原子サイズの加工に成功

titech_yoshimoto_nanoinprint_PMMA_image.png

東京工業大学大学院総合理工学研究科の吉本護教授らは「ナノインプリント」で
アクリル樹脂に原子サイズの加工を施すことに成功したと発表しています。

Innoluxのタッチパネル新ラインはコストと物流の削減に寄与

Digitimes Researchより。

innolux_manufacture_automation_touch_panel_image.png
(イメージ画像)

タッチパネル:Innoluxのタッチパネル新ラインはコストと物流の削減に寄与

Innoluxの台南の最新自動化タッチパネルラインは人員、コスト、物流だけでなく生産歩留の向上に寄与すると
Innolux総経理のJC Wang氏は述べています。

東レエンジニアリングが「ロールツーロールバリアフィルム製造装置」を開発

日刊工業新聞より。
東レエンジ、「ロール・ツー・ロールバリアフィルム製造装置」を開発

toray_engneering_RtoR_barrier_film_CVD_image.png
開発した「RtoRバリアフィルム製造装置」

東レエンジニアリングが「ロールツーロール(RtoRバリアフィルム製造装置」を開発したと報じられています。

富士フイルムが面記録密度42倍の塗布型磁気テープ開発と発表(追記)

日刊工業新聞より。
富士フイルム、面記録密度42倍の塗布型磁気テープ開発

fujifilm_bafe_154TB_tapemedia_image.jpg

富士フイルムは1平方インチ当たりの面記録密度を、従来の42倍となる85.9ギガビットに高めた
塗布型磁気テープを開発したと報じられています。

G1F方式の先を見据えたYoungfast、Melfasの動向

Digitimes Researchより。

touchpanel_film_type_touchvu_image.jpg

ガラス型タッチセンサとフィルム型タッチセンサで構成されているG1F方式は、
徐々にGFF方式とOGS方式に対しての競争力を失ってきています。

産総研、有機ケイ素原料(テトラアルコキシシラン)をシリカから一段階で安く合成する手法開発


aist_nedo_Si(OH3)4_from_silica_image1.jpg
砂からの有機ケイ素原料の製造と、有機ケイ素部材を含む多様な製品群

産業技術総合研究所触媒固定化設計チームの安田弘之研究チーム長、崔準哲主任研究員らは、
有機ケイ素の原料(テトラアルコキシシラン)を砂の主成分のシリカから1段階で合成する手法を
開発したと発表しています。

オンセル技術に市場が注目

Digitimes researchより。
タッチパネル:オンセル技術に市場が注目
On-cell technology gaining more attention in the market

touchpanel_on-cell_in-cell_stracture_image.png

業界筋によるとオンセルタッチパネルが軽量、薄型の特徴から多くの注目を集めているとされています。

Microsoft、スマートウォッチを10月に発売の予測、リストバンド型デザイン採用

リンゲルブルーメンより。
Microsoft、スマートウォッチを10月に発売か─Nike Fuelbandに似た形状に

nike-fuelband_image.jpg

Microsoftが独自ブランドのスマートウォッチ機器を10月に発売すると報じられています。

岡山大、低分子材料で世界最高レベルの移動度を実現したTFT開発

日刊工業新聞より。
岡山大、低分子材料で世界最高レベルの移動度を実現したTFT開発

okayama-u_newOTFT_image.png

岡山大学大学院自然科学研究科の岡本秀毅准教授、江口律子助教、久保園芳博教授らの研究グループは、
21cm2/V・sという動作速度の電界効果移動度を実現した有機薄膜トランジスタ(TFT)を開発したと発表しています。

【中国タッチパネル戦略(4)比亜迪 】「技術を切り札、革新を基本に」の企業発展理念に基づき、タッチパネルIC事業の開拓を図る

日経テクノロジーOnlineより。
【中国タッチパネル戦略(4)比亜迪 】「技術を切り札、革新を基本に」の企業発展理念に基づき、タッチパネルIC事業の開拓を図る

BYD_logo_image.png
http://bydit.com/doce/

中国タッチパネルメーカーへのインタビュー記事第四弾は
中国BYD社(比亜迪)です。
インタビューは組込み式製品センタ製品ディレクターの楊雲氏になります。
市場分析、製品戦略などが述べられており、興味深い内容となっています。

これまでと同様抜粋してご紹介します。詳細は元記事を参照ください。

2014年の中国タッチパネルメーカーはフィルムとOGSに注力

Digitimes researchより。
タッチパネル:2014年の中国タッチパネルメーカーはフィルムとOGSに注力
Digitimes Research: Touch panel makers in Greater China focused on thin-film and OGS products in 2014

touchpanel_2014_taiwan_jan_image.png

Digitimes researchによると、中国系のタッチパネルメーカーは、2014年にフィルム方式とOGSの
タッチパネル製品に焦点を当てているとしています。

【液晶パネル】 LGD、OLED増産に700億円投入

EMSOneより。
【液晶パネル】 LGD、OLED増産に700億円投入

LG_oled_TV_padu_expand_image.jpg

韓国LGディスプレイ(LGD)のハン・サンボム(韓相範)最高経営責任者(CEO)は201、韓国パジュ市の拠点で会見し、
有機ELOLED)ディスプレイの増産に7000億ウォン(1ウォン=約0.1円)を投じることを明らかにしています。

【EMS/ODM】 コンパル、産学協同でヘルスケアのスマート衣料進出

EMSOneより。
【EMS/ODM】 コンパル、産学協同でヘルスケアのスマート衣料進出

compal_electronics_logo_visual_image.jpg
http://www.compal.com/

台湾コンパル(Compal Electronic/仁宝電脳)は台湾長庚大学と共同でヘルスケアや介護分野の
ハイテク技術を手がける研究・開発(R&D)センターの設立を表明しています。

「iPhone 6」のフロント部品が流出─曲面ガラスデザインで確定か

リンゲルブルーメンより。
「iPhone 6」のフロント部品が流出─曲面ガラスデザインで確定か

apple_iphone6_coverglass_2p5D_image1.png

Appleの次期スマートフォンiPhone 6」(4.7インチ版)とされるフロントパネル部品がリークされています。

タッチパネル市場動向:GGタイプタッチパネルはiPhone4/4SとiPad4効果で市場に残留

Digitimes Researchより。
タッチパネル:GGタイプタッチパネルはiPhone4/4SとiPad4効果で市場に残留
GG touch panels yet to be eliminated from market thanks to iPhone 4/4s and iPad 4

digitimesresearch_touchpanel_GG_for_iphone4_image.png

ガラス-ガラス貼り合せタイプ(GG)のタッチパネルは、AppleのようなGGタイプ以外のタッチ方式を
推進する企業によって一度は業界から消えていくものと思われていました。
フィルム型タッチパネルと比較すると、GGベースのタッチパネルは、より厚く、重く、歩留が悪いとされています。

フォックスコン(鴻海)郭台銘氏 株主総会でのコメントまとめ

EMSOneより。

foxconn_terry_successor_select_image.jpg

台湾フォックスコン(鴻海)の郭台銘・董事長の株主総会でのコメントについて
EMSOneで取り上げられている内容をまとめています。

Android Wearスマートウォッチと連携できるのは全Android端末の25%未満と判明

リンゲルブルーメンより。
Android Wearスマートウォッチと連携できるのは全Android端末の25%未満と判明

google_rbmen_android_version_for_smartwatch_image.png

Android Wearスマートウォッチと連携可能なAndroid端末は全体の25%に満たないことが分かったと
報じられています。

総務省、「SIMロック」原則解除の方針を固める─乗り換え容易に

リンゲルブルーメンより。
総務省、「SIMロック」原則解除の方針を固める─乗り換え容易に

Simfree_mobile_image.png

総務省は端末を他社回線で使えないように制限する「SIMロック」を原則解除させる
方針を固めたと報じられています。
30日に開く有識者会議にて方向性を示し、年度内に具体先を固めたい考えと伝えられています。

SIMロック解除は2010年6月に指針が出されていますが、義務化は見送られたため大きくは進んでいません。
SIMロック解除を義務化することで、MNPの過剰なキャッシュバックに歯止めをかけるほか、
通信キャリア間の競争を促進させる狙いがあると伝えられています。

通信キャリアとしては端末による差異化が図れなくなる形になりますが、
端末製造側からはキャリアごとのモデル分けが不要になる可能性もありますね。
端末価格や料金プランにどこまで影響してくるのかが注目されます。





総務省は27日、端末を他社回線で使えないように制限する「SIMロック」を原則解除させる方針を固めたと時事通信が報じました。
30日に開く有識者会議に方向性を示し、年度内に具体先を固めたい考えと伝えられています。
SIMロック解除は2010年6月に指針が出されていますが、義務化は見送られたため大きくは進んでいません。SIMロック解除を義務化することで、MNPの過剰なキャッシュバックに歯止めをかけるほか、通信キャリア間の競争を促進させる狙いがあると伝えられています。

東工大など、二酸化チタンの光触媒活性決める重要因子を発見

日刊工業新聞より。
東工大など、二酸化チタンの光触媒活性決める重要因子を発見

titech_tio2_2type_compare_image.jpg

東京工業大学大学院理工学研究科の小澤健一助教らは、
二酸化チタンの光触媒活性を決める因子を発見したと発表しています。


≪PREV
プロフィール

miyabi

  • Author:miyabi
  • 2013/1よりディスプレイ周りの技術情報を掲載。

    Twitter @deep2black
カレンダー
06 | 2014/07 | 08
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最近の記事
タグリスト
カテゴリー
アーカイブ
リンク
人気記事
ブログ内検索
関連書籍
RSSフィード
Twitter