【液晶パネル】 アップル、タッチパネルに「六面強化OGS」採用? 台湾供給業者に注目

EMSOneより。
【液晶パネル】 アップル、タッチパネルに「六面強化OGS」採用? 台湾供給業者に注目

調査会社DIGITIMES Researchは、米アップルApple)が14年に投入する新製品に、
六面強化のカバーガラス一体型OGSタッチパネル「六面強化OGS」を採用することが予想される
との見方を明らかにしています。
その上で、六面強化OGSの量産を手がける台湾FORTREND富創得)を紹介しているとのこと。
六面強化OGSはセル方式で製造されるOGSでシート方式と異なりガラス基板の端面側にも
化学強化が施されていることが特徴です。
FORTREND富創得)という企業は知りませんでしたが、今後注目したいと思います。

FORTREND富創得
FORTREND_logo.jpg
http://www.fortrend.com/index.php


調査会社DIGITIMES Researchは2014年1月29日に公表したレポートで、米アップルApple)が14年に投入する新製品に、六面強化のカバーガラス一体型OGSタッチパネル「六面強化OGS」を採用することが予想されるとの見方を明らかにした。その上で、六面強化OGSの量産を手がける台湾FORTREND(富創得)を紹介している。



ガラス高機能化への加工技術書ガラス高機能化への加工技術書
(2012/09)


商品詳細を見る
スポンサーサイト

Samsung、スマホ向け「4K」AMOLEDを開発中─画素密度は860ppiに

リンゲルブルーメンより。
Samsung、スマホ向け「4K」AMOLEDを開発中─画素密度は860ppiに

samsung_4k_oled_development_image.png

Samsungはスマートフォン向けの「4K」AMOLEDディスプレイの技術開発を進めていると
韓国メディアが報じています。
韓国国内で行われた技術セミナーで、Samsung Displayの関係者が、
画素密度が860ppiに達する4K(3480x2160)解像度のAMOLEDの技術開発を進めていると
明らかにしたとのことです。また、Galaxy S5に適用される2K(2560x1440) AMOLED
開発中であることも改めて確認されたとの事。
これまでSamsungは蒸着方式を用いてモバイル向け有機ELをリリースして来ましたが、
2K、4Kまで同方式で進めていくのか、それとも「LITI」技術などの新規技術を導入して
高解像度化を進めていくのか、気になるところですね。

※LITI(Laser Induced Thermal Imaging)
ドナー・フィルムと呼ばれる特殊なフィルムにあらかじめ各色の発光材料を蒸着しておき,
そのドナー・フィルムをTFT基板上にラミネートして必要な部分にレーザーを照射し,
発光層を転写するという方法。
LITIはマスク蒸着より大型化が可能で,アライメント精度が高く400ppi程度までの
高精細化が可能と言われています。

tech-on_OLED_fullcolor-technology_image.jpg
有機ELディスプレイのフルカラー化技術の比較
Tech-onより。

当ブログ関連記事
有機ELディスプレイは本当にスゴい技術なのか!? 3 LCDに匹敵する高精細化を実現する新技術


Samsungはスマートフォン向けの「4K」AMOLEDディスプレイの技術開発を進めていると韓国メディアが報じました。

韓国国内で行われた技術セミナーで、Samsung Displayの関係者が、画素密度が860ppiに達する4K(3480x2160)解像度のAMOLEDの技術開発を進めていると明らかにしたとのこと。また、Galaxy S5に適用される2K(2560x1440) AMOLEDを開発中であることも改めて確認されたそうです。

なおスマホ向けの「4K」AMOLEDの製品化は、以前公開されたロードマップによれば2015年以降となる見通しです。

情報元:Daum



有機ELディスプレイ概論(第2版)―基礎から応用まで有機ELディスプレイ概論(第2版)―基礎から応用まで
(2012/12/15)
辻村隆俊

商品詳細を見る

【液晶パネル】 タッチパネルのJTOUCH、ソニー6型スマホ向け出荷開始 単月20万枚規模

EMSOneより。
【液晶パネル】 タッチパネルのJTOUCH、ソニー6型スマホ向け出荷開始 単月20万枚規模

JTOUCH logo

タッチパネルの台湾JTOUCH(界面)が、ソニーSony)から受注したスマートフォン用の6型パネルを、
2014年1月から出荷し始めた模様だと報じられています。出荷規模は単月20万枚とのことですが、
タッチパネルの方式が気になるところですね。フィルムタッチパネルでしょうか?


タッチパネルの台湾JTOUCH(界面)が、ソニーSony)から受注したスマートフォン用の6型パネルを、2014年1月から出荷し始めた模様だ。台湾の経済紙『工商時報』(1月27日付)が台湾系サプライチェーンの話として伝えたもので、出荷規模は単月20万枚だという。


スマートフォン・タッチパネル部材の最新技術便覧スマートフォン・タッチパネル部材の最新技術便覧
(2013)
(株)タッチパネル研究所 板倉 義雄、グンゼ(株) 石井 良典 他

商品詳細を見る

Samsung電子、2014年も5~6インチの大画面スマホを強化─S-Penで差別化図る

リンゲルブルーメンより。
Samsung電子、2014年も5~6インチの大画面スマホを強化─S-Penで差別化図る

samsung logo

Samsung電子が2014年も5~6インチの大画面スマートフォンを強化する方針を示しています。
Samsungのキム・ヒョンジュン専務は業績発表カンファレンスコールにて
「大画面スマートフォン市場は2011年のGalaxy Noteの発売以降、Samsung電子がリーダーとして定着した」
としたうえで「これからもS-Penやマルチウィンドウを差別化して、
大画面スマートフォンはサムスンというイメージを堅固にする」と述べたということです。
Samsungが強調しているS-Pen技術には日本のペンタブレットメーカーの
ワコムの技術が使用されています。(過去の当ブログでも少し触れています)
ワコムの方が解説してくれていますのでご紹介。

komugidot
GALAXY Note に使われているワコムの技術とは

ワコムデジタイザ方式は電磁誘導型に分類されますが、最初にデジタイザ自体から電子ペンにエネルギーを
与えることで、電池レスな電子ペンを実現していることが特徴です。
加えて筆圧検知できることや、ペン優先の排他制御がかかっていることでペンを使用しているときには
タッチパネルは動作しないので誤操作を防止できることも利点となります。
S-Penが好評からか、Samsungは13年1月にワコムと資本業務提携を行っています。

ワコム発表資料
Samsung Electronics Co., Ltd.及び Samsung Asia Pte. Ltd. との資本業務提携
並びに第三者割当による自己株式の処分に関するお知らせ


当ブログ関連記事
【EMS/ODM】 Pegatron、アップル・サムスンからダブル受注の快挙 GALAXY NoteのS Pen組立


Samsung電子が2014年も5~6インチの大画面スマートフォンを強化する方針を示したことが明らかになりました。
Samsungのキム・ヒョンジュン専務は24日の業績発表カンファレンスコールにて「大画面スマートフォン市場は2011年のGalaxy Noteの発売以降、Samsung電子がリーダーとして定着した」としたうえで「これからもS-Penやマルチウィンドウを差別化して、大画面スマートフォンはサムスンというイメージを堅固にする」と述べたということです。
またキム専務は「ウェアラブル危機と連動するスマートフォンのラインアップを拡大する計画だ」とも語りました。



Wacom Bamboo Stylus feel CS300UKWacom Bamboo Stylus feel CS300UK
(2013/02/21)
ワコム

商品詳細を見る

Apple、サファイアガラスで覆われたiPhoneの組み立てテストを完了

リンゲルブルーメンより。
Apple、サファイアガラスで覆われたiPhoneの組み立てテストを完了

apple_iphone_fingerpitntscanner_image.png

Appleの製造パートナーFoxconnがサファイアガラスで覆われたiPhoneの組み立てテストを
完了したと報じられています。
液晶のカバーガラスに、ゴリラガラスではなく「サファイアガラス」を採用したiPhoneのプロトタイプを
少なくとも100台試作したとのこと。
現行のiPhone 5sでは、前面/背面カメラのカバーにサファイガラスが採用されているのみですが、
Appleは将来的にディスプレイ全体にサファイアガラスを適用することを検討中であることが示された形になります。
なお現在Appleは全世界のサファイアガラス生産量の約10%を消費しているとの事で、
サファイアガラスメーカーとしてはAppleは当面最大の顧客となりそうです。

当ブログ関連記事
【EMS/ODM】 アップル、iPhone筐体用サファイアを台湾系から調達も
Apple、米アリゾナ州に「サファイアガラス」製造工場を建設へ
次世代「iPad」もサファイアクリスタル製ホームボタンを採用か─Digitimes報道
Apple、次世代iPhoneの画面に「サファイアガラス」を採用か─関連特許を取得

関連記事
EMSOne:【EMS/ODM】 サファイア製ディスプレイiPhone 6、鴻海深センで100台完成か


Appleの製造パートナーFoxconnが、サファイアガラスで覆われた「iPhone」の組み立てテストを完了したとApple Insiderが報じました。液晶のカバーガラスに、ゴリラガラスではなく「サファイアガラス」を採用したiPhoneのプロトタイプを少なくとも100台試作したとのこと。サファイアガラスは既存の化学強化ガラスに比べて硬度が高く、ダイヤモンドに次いで傷が付きにくい一方で、コストが嵩むという欠点があります。
現行のiPhone 5sでは、前面/背面カメラのカバーにサファイガラスが採用されているのみですが、Appleは将来的にディスプレイ全体にサファイアガラスを適用することを検討中であることが示された形。なお現在Appleは全世界のサファイアガラス生産量の約10%を消費しています。

情報元:Apple Insider



先端ガラスの産業応用と新しい加工 (新材料・新素材シリーズ)先端ガラスの産業応用と新しい加工 (新材料・新素材シリーズ)
(2009/09)
平尾 一之

商品詳細を見る

【携帯】 ソニー「Xperia C・E」搭載タッチパネルの5割超、中国業者が供給 DIGITIMES調査

EMSOneより。
【携帯】 ソニー「Xperia C・E」搭載タッチパネルの5割超、中国業者が供給 DIGITIMES調査

Sony_xperia_logo_imege.png

調査会社DIGITIMES Researchはレポートで、ソニーモバイルコミュニケーションズ(Sony Mobile Communications)が
14年、スマートフォン世界シェアの向上を目指す戦略として、ミドルレンジや入門機市場に向けた
廉価モデルの開発を増やすと指摘しています。
タッチパネルをはじめ中国系部品業者との協力を強化することで中国系のスマホ業者らに対抗し、
スマホの世界シェアで3位への躍進を目指すとの見方。
廉価モデルについては価格競争力のある中国系の部品を採用し、旗艦モデルについては
台湾系の部品の採用になるのではないでしょうか。
部品メーカー側もこれまで以上に受注戦略を詰める必要がありそうです。


調査会社DIGITIMES Researchは2014年1月22日に公表したレポートで、ソニーモバイルコミュニケーションズ(Sony Mobile Communications)が14年、スマートフォン世界シェアの向上を目指す戦略として、ミドルレンジや入門機市場に向けた廉価モデルの開発を増やすと指摘。そのためにタッチパネルをはじめ中国系部品業者との協力を強化することで中国系のスマホ業者らに対抗し、スマホの世界シェアで3位への躍進を目指すとの見方を示した。



中小型タッチパネルの機能・耐久・生産性を向上させる材料技術中小型タッチパネルの機能・耐久・生産性を向上させる材料技術
(2013/08/29)
小田 純久、井上 智晴 他

商品詳細を見る

日大、炭素繊維強化熱可塑性プラの短時間成形技術実用化にめど-成形時間2―3分

日刊工業新聞より。
日大、炭素繊維強化熱可塑性プラの短時間成形技術実用化にめど-成形時間2―3分

日本大学生産工学部の邉(べん)吾一教授らは、炭素繊維強化熱可塑性プラスチック(CFRTP)を
短時間で成形する技術の実用化にめどをつけたと発表しています。

nihon-unv_ban-prof_CFRTP_image.png

CFRTPは体積比で炭素繊維45%、樹脂55%。母材に液状のイプシロン―カプロラクタムを重合化させた
ポリアミド6ナイロンを使用し、約110℃に加熱した金型にカーボンシートを積層し、
イプシロン―カプロラクタムを注入して成形するそうです。
引っ張りや曲げ強度などの力学的特性はCFRPと同等で、柔らかい熱可塑性樹脂を使うことから、
衝撃特性に優位性があり熱を加えると軟化するため、再利用できるとの事。
成形時間は2―3分程度で、オートクレーブ(複合材硬化炉)を用いる熱硬化性の
炭素繊維強化プラスチック(CFRP)の成形に比べて約10分の1に短縮でき、
成形時の温度調節が不要なため、エネルギー効率が高いとの事です。
最近CFRP関係の発表が活発ですね。

当ブログ関連記事
ニッタ、CNT微量添加で炭素繊維を強化する新手法を開発


 【千葉】日本大学生産工学部の邉(べん)吾一教授らは、炭素繊維強化熱可塑性プラスチック(CFRTP)を短時間で成形する技術の実用化にめどをつけた。成形時間は2―3分程度で、オートクレーブ(複合材硬化炉)を用いる熱硬化性の炭素繊維強化プラスチック(CFRP)の成形に比べて約10分の1に短縮できる。成形時の温度調節が不要なため、エネルギー効率が高い。
邉教授らは真空ポンプで樹脂を金型に注入し、真空成形する方法を確立した。オートクレーブに比べて設備投資を抑えられる。CFRTPは体積比で炭素繊維45%、樹脂55%。母材に液状のイプシロン―カプロラクタムを重合化させたポリアミド6ナイロンを使用する。約110度Cに加熱した金型にカーボンシートを積層し、イプシロン―カプロラクタムを注入して成形する。
 CFRTPの引っ張りや曲げ強度などの力学的特性はCFRPと同等。柔らかい熱可塑性樹脂を使うことから、衝撃特性に優位性がある。熱を加えると軟化するため、再利用できる。



CFRP/CFRTPの加工技術と性能評価―量産を実現する最新技術CFRP/CFRTPの加工技術と性能評価―量産を実現する最新技術
(2012/05)


商品詳細を見る

au「LG G Flex(LGL23)」ぐにゃりと曲がるP-OLEDに実際に触れてみた!【動画あり】

リンゲルブルーメンより。
au「LG G Flex(LGL23)」ぐにゃりと曲がるP-OLEDに実際に触れてみた!【動画あり】

KDDI auから発売予定の曲面スマホ「LG G Flex」(LGL23)が搭載するP-OLEDディスプレイのハンズオン動画です。
P-OLEDはPlastic OLEDの略で、基盤にガラスではなくプラスチック材料を用いた有機ELディスプレイです。
ディスプレイ単独だと筐体よりも曲げることができるようですね。
長期の信頼性がどこまでなのかも気になるところです。


KDDI auから1月25日に発売予定の曲面スマホ「LG G Flex」(LGL23)が搭載するP-OLEDディスプレイに
実際に触れてきました。
P-OLEDはPlastic OLEDの略で、基盤にガラスではなくプラスチック材料を用いた有機ELディスプレイです。
基盤にプラスチックを用いることで、自由に折り曲げることのできる、
フレキシブルなディスプレイを実現しています。
LG G Flexは6インチサイズのP-OLEDを搭載しています。P-OLEDを搭載して世界展開された
世界初のスマートフォン・デバイスとなります。



なおAppleが発売する「iWatch」のLG製のフレキシブルなP-OLEDディスプレイを搭載すると伝えられています。



フレキシブルプリント配線板の最新応用技術 (エレクトロニクスシリーズ)フレキシブルプリント配線板の最新応用技術 (エレクトロニクスシリーズ)
(2009/03)
不明

商品詳細を見る

経産省、セルロースナノファイバーの国際標準化に着手

経産省、セルロースナノファイバーの国際標準化に着手

CNF-seikouPMC_image.jpg

経済産業省は2014年度に、自動車や電子部品、機械など幅広い分野に応用が期待される
次世代素材「セルロースナノファイバー」の国際標準化に乗り出すと報じられています。
所管する産業技術総合研究所(産総研)を受け皿として、6月に産学コンソーシアム「ナノセルロースフォーラム」を
設立し、同フォーラムで技術ロードマップを設定し、同時にナノ素材が人体に与える影響や品質評価、試験方法などの
基準策定を進め、数年内にも国際標準化機構(ISO)に提案するとの事です。
6月に設立するナノセルロースフォーラムは、設立の幹事メンバーとして産業界から
王子ホールディングス日本製紙の2社が参加との事。
下記資料を見るとCNFの特許数では日本がトップであり、強みを持っている分野であると考えられます。
一方でセルロースナノクリスタル(CNC)では中国が特許数トップとなっており、日本の出願は非常に少ないようです。

セルロースナノファイバーに関する国内外の研究開発 - 経済産業省

個人的にも気になっている素材ですので今後の動きに注目したいと思います。

関連記事
Tech-on:セルロース・ナノファイバー(CNF)
自動車を20kg軽くできる新素材、サンプル出荷始まる


当ブログ関連記事
星光PMCの乗越厚生社長に注目の「セルロースナノファイバー」(CNF)の取組みを聞くl
木材由来の極細繊維で透明シート 王子と三菱化学
花王、ガスバリアー性に優れたセルロース・ナノファイバー層の開発にメド
発電する紙



 経済産業省は2014年度に、自動車や電子部品、機械など幅広い分野に応用が期待される次世代素材「セルロースナノファイバー=用語参照」の国際標準化に乗り出す。
 所管する産業技術総合研究所(産総研)を受け皿として、6月に産学コンソーシアム「ナノセルロースフォーラム」を設立し、同フォーラムで技術ロードマップを設定する。
 同時にナノ素材が人体に与える影響や品質評価、試験方法などの基準策定を進め、
数年内にも国際標準化機構(ISO)に提案する。
 6月に設立するナノセルロースフォーラムは、設立の幹事メンバーとして産業界から王子ホールディングス日本製紙の2社が参加。産総研で20日に設立の説明会を開き、化学、車、電機・電子、機械、建材、商社など幅広い業界から会員となる企業を募る方針。当日は140人以上が参加する見通し。



ナノファイバーテクノロジー―新産業発掘戦略と応用 (CMCテクニカルライブラリー)ナノファイバーテクノロジー―新産業発掘戦略と応用 (CMCテクニカルライブラリー)
(2008/10)
本宮 達也

商品詳細を見る

三菱化、ゆがみ少ない透明樹脂を開発-植物由来、車パネルに拡販

日刊工業新聞より。
三菱化、ゆがみ少ない透明樹脂を開発-植物由来、車パネルに拡販

mitsubishichemical_durabio_vspc_image.jpg
◎光の歪みの比較。
DURABIO」(左)は光がほとんど歪まないため、模様がほとんど表れない。右は一般的なポリカーボネート。

三菱化学は植物由来のイソソルバイドを原料とした高機能透明樹脂「デュラビオ」で
光学特性や耐熱性、耐湿性が優れた新グレードを開発したと発表しています。
自動車に搭載するタッチパネル向けに拡販するとの事。

自動車用タッチパネルはガラスでなく、衝撃に強い透明樹脂のポリカーボネート(PC)が用いられてますが、
PCは透過する光がゆがんでしまい、パネル表示が見にくという問題がありました。
 デュラビオ原料のイソソルバイドはPC原料のビスフェノールAに比べて分子が小さいため、
PC並みの透明度を維持しながら光がほとんどゆがまないそうです。

既にデュラビオはスズキの新型軽乗用車「ハスラー」に採用されているそうで、
黒崎事業所(福岡県北九州市)の年産能力5000tのプラントで、2012年秋からデュラビオを生産していますが、
用途開拓を積極的に進めるとともに、2015年度までに年産能力を1万6000tに増強する予定との事です。

三菱化学ニュースリリース
植物由来高機能バイオエンプラ 「DURABIO® (デュラビオ®)」 における
自動車搭載タッチパネル用の新グレード開発について


関連記事
三菱化学、車載用のタッチパネル向けにバイオエンプラの新グレードを開発


 三菱化学は20日、植物由来のイソソルバイドを原料とした高機能透明樹脂「デュラビオ」で光学特性や耐熱性、耐湿性が優れた新グレードを開発したと発表した。自動車に搭載するタッチパネル向けに拡販する。自動車用タッチパネルはガラスでなく、衝撃に強い透明樹脂のポリカーボネート(PC)が用いられている。ただ、PCは透過する光がゆがんでしまい、パネル表示が見にくかった。
 デュラビオ原料のイソソルバイドはPC原料のビスフェノールAに比べて分子が小さいため、PC並みの透明度を維持しながら光がほとんどゆがまないという。デュラビオはスズキの新型軽乗用車「ハスラー」に採用されるなど拡販を進めており、15年度までに年産能力を現状比3・2倍の1万6000トンに増やす。



「機能性プラスチック」のキホン (イチバンやさしい理工系)「機能性プラスチック」のキホン (イチバンやさしい理工系)
(2014/02/03)
桑嶋 幹、久保 敬次 他

商品詳細を見る

ユーテック、今春めどDLC成膜処理を事業化

日刊工業新聞より。
ユーテック、今春めどDLC成膜処理を事業化

DLC_coating_image.jpg

ユーテックは、2014年春をめどに、加工対象物(ワーク)にダイヤモンド・ライク・カーボン(DLC)を
成膜する表面処理の受託事業を始めるとの事です。

GSIクレオス、炭素繊維の強度20%向上-カップ積層型CNT活用

日刊工業新聞より。
GSIクレオス、炭素繊維の強度20%向上-カップ積層型CNT活用

gsi-creos_cscnt_sem_image.jpg

GSIクレオスは炭素繊維樹脂含浸シートであるプリプレグに挟み込み、圧縮強度の性能を約20%高められる
樹脂フィルムの提案を始めているとの事です。
炭素網が底の空いたカップ形状をしたカップ積層型カーボンナノチューブCSCNT)「カルベール」を
マトリックス樹脂内に分散させたもので、これまで炭素繊維強化プラスチック(CFRP)の課題とされていた
圧縮強度の性能向上が可能になるとの事。
引っ張り試験では、プリプレグ層間にCSCNTの樹脂フィルムを含まない試料は荷重側から裏面まで破壊し、
破断応力の約80%から層間剥離が始まりましたが、これに対し、同フィルムを含ませた試料は
破壊が始まっても裏面まで破壊に至らないなど、破断するまで層間剥離がほとんど生じなかったそうです。
同社の手掛けるカップ積層型カーボンナノチューブCSCNT)「カルベール」の応用例として
販促していくと思われます。

GSIクレオス
gsi-creos_logo_image.png

http://www.gsi.co.jp/

gsi-creos_cscnt_carbere_logo.jpg

カップ積層型カーボンナノチューブ(CSCNT)「カルベール」

余談ですが、同社はもともと繊維メーカーのグンゼと元を同じくしますが、
戦後の財閥解体でグンゼとは分かれたようです。現在でも両社は提携関係にあります。
同社はホビー向け塗料も手掛けており、
またPinky:st.と呼ばれる塗装済み完成品フィギュアシリーズのヒット商品もラインナップしています。


GSIクレオスは炭素繊維樹脂含浸シートであるプリプレグに挟み込み、圧縮強度の性能を約20%高められる樹脂フィルムの提案を始めた。炭素網が底の空いたカップ形状をしたカップ積層型カーボンナノチューブCSCNT)「カルベール」をマトリックス樹脂内に分散させたもので、これまで炭素繊維強化プラスチック(CFRP)の課題とされていた圧縮強度の性能向上が可能になる。
 カルベールは金属微粒子を触媒として化学気相成長(CVD)法で合成されるカーボンナノチューブ。炭素網が底の空いたカップ形状で積層された中空構造で、分散性に優れ、表面処理などを容易に行うことが可能だ。曲げ強度や曲げ弾性率などにも優れている。
 併せて行った引っ張り試験では、プリプレグ層間にCSCNTの樹脂フィルムを含まない試料は荷重側から裏面まで破壊し、破断応力の約80%から層間はく離が始まった。これに対し、同フィルムを含ませた試料は破壊が始まっても裏面まで破壊に至らないなど、破断するまで層間はく離がほとんど生じなかったという。


フラーレンとナノチューブの科学フラーレンとナノチューブの科学
(2011/07/08)
篠原 久典、齋藤 弥八 他

商品詳細を見る

【液晶パネル】 TPK、スマホ用銀ナノで日・中・韓から受注

EMSOneより。

【液晶パネル】 TPK、スマホ用銀ナノで日・中・韓から受注

TPK_agnanowire_TOL2_image.jpg

台湾TPK宸鴻)の江朝瑞・董事長は、新技術の銀ナノワイヤーインキ(SNW)と、ガラス1枚型TOL(Touch-on-Lens)の
第2世代製品「TOL 2」で、同社が既に中国系、韓国系、日系のスマートフォン大手から
受注を獲得したことを明らかにし、SNW、TOLが、14年の同社の受注を牽引するとの見方を示しています。
銀ナノワイヤーということですが、米カンブリオスの技術でしょうか。
同社はカンブリオスと合弁会社を作って開発を進めていると報じられています。

当ブログ関連記事
【液晶パネル】 タッチパネルのTPK、スマホ用に銀ナノ ノート用には低価格モデル


タッチパネル最大手、台湾TPK(宸鴻)の江朝瑞・董事長は2014年1月16日、新技術の銀ナノワイヤーインキ(SNW)と、ガラス1枚型TOL(Touch-on-Lens)の第2世代製品「TOL 2」で、同社が既に中国系、韓国系、日系のスマートフォン大手から受注を獲得したことを明らかにし、SNW、TOLが、14年の同社の受注を牽引するとの見方を示した。台湾紙『経済日報』(14年1月17日付)が報じた。



金属(化合物)粉の 選び方・使い方 -金属粉体・微粒子・金属ナノ粒子・金属フィラー等 -金属(化合物)粉の 選び方・使い方 -金属粉体・微粒子・金属ナノ粒子・金属フィラー等 -
(2010)
JFEテクノリサーチ(株) 吉川裕泰、東洋アルミニウム(株) 田中昭衛 他

商品詳細を見る

Sony、テニスショットを分析する「スマートテニスセンサ」を5月下旬に国内発売(追記)

リンゲルブルーメンより。
Sony、テニスショットを分析する「スマートテニスセンサ」を5月下旬に国内発売

sony_smart-tennis-sensor_release_image.png

Sonyはテニスショット次の姿勢を分析する「スマートテニスセンサ」を5月下旬に国内発売すると発表しています。
テニスラケットのエンドキャップに装着する小型デバイスで、専用アプリケーションをインストールした
スマートフォンやタブレットとBluetoothでワイヤレス接続することで、テニスショットを即座に分析し、
アプリケーション上でわかりやすく表示することができるとの事。
ラケット上でボールを捉えた位置やボールの回転、速度などを可視化して表示してくれるということです。
またスマートフォンで録画したプレイ映像を可視化されたデータと共に再生してプレイ内容を
何度も客観的に振り返ることもできるそうです。
以前当ブログでも取り上げていたデバイスですが、発売されるとは思いませんでした。
Sonyの最近の動きは注目です。

(14/9/25追記)
電子ジャーナル:【電子機器】ソニー、「Smart Tennis Sensor」対応ラケットを拡大
「Smart Tennis Sensor」対応ラケットを4ブランドに拡大するとの事です。
これまで、ヨネックス、ウイルソン、Princeに対応していますが、日本と北米においてHEADとの
パートナーシップ契約を締結したことより、2015年1月から日本と北米において、
これら4社のラケットに装着して使用可能になるとの事です。

Sonyプレスリリース
テニスのショットを即時分析し、スマートフォン上でわかりやすく表示
データを見て・楽しみ・上達にもつなげられる ラケット装着型Smart Tennis Sensor発売


当ブログ関連記事
Sony、CES2014でスマートな「テニスラケット」を参考出展─スマホと連動


Sonyは1月20日、テニスショット次の姿勢を分析する「スマートテニスセンサ」を5月下旬に国内発売すると
発表しました。
テニスラケットのエンドキャップに装着する小型デバイスで、専用アプリケーションをインストールしたスマートフォンやタブレットとBluetoothでワイヤレス接続することで、テニスショットを即座に分析し、アプリケーション上でわかりやすく表示することができます。
ラケット上でボールを捉えた位置やボールの回転、速度などを可視化して表示してくれるということです。
またスマートフォンで録画したプレイ映像を可視化されたデータと共に再生してプレイ内容を難度も客観的に振り返ることもできます。
価格はオープンとのことですが、実売価格は1.8万円前後になる予定です。

情報元:Sony



新世代ウェアラブル、WDに関する需要調査 -ユビキタス文化の創造促進、期待高まるウェアラブル機器、WD- (先端調査シリーズ)新世代ウェアラブル、WDに関する需要調査 -ユビキタス文化の創造促進、期待高まるウェアラブル機器、WD- (先端調査シリーズ)
(2013)
AQU先端テクノロジー総研

商品詳細を見る

LG、Apple iWatch向けに1.52インチP-OLEDを単独供給へ─Q3量産開始

リンゲルブルーメンより。
LG、Apple iWatch向けに1.52インチP-OLEDを単独供給へ─Q3量産開始

apple_iwatch_lg_p-oled_image.png

LG Displayが、AppleスマートウォッチiWatch」用ディスプレイの単独サプライヤに選定されたと
報じられています。
量産されるのはLG G Flexにも採用されたP-OLED(プラスチックOLED)で、1.52インチサイズとなり、
AppleスマートウォッチiWatch(仮称)」に搭載されることが明らかになったとの事。
P-OLEDを採用するということで、iWatchが曲面ディスプレイを採用する可能性も示されています。
Appleが単独供給を容認するのも少し疑問ですが、Samsungとの関係を考えると無くもなさそうな所です。
タッチパネル側の供給メーカーも気になります。


LG Displayが、AppleスマートウォッチiWatch」用ディスプレイの単独サプライヤに選定されたと韓国メディアが報じました。
2014年第3四半期(7~9月)に量産開始予定であるとのこと。
量産されるのはLG G Flexにも採用されたP-OLED(プラスチックOLED)で、1.52インチサイズとなり、AppleスマートウォッチiWatch(仮称)」に搭載されることが明らかになったそうです。P-OLEDを採用するということで、iWatchが曲面ディスプレイを採用する可能性も示されています。
AppleがiWatchに液晶ではなくOLEDを選択した理由としては、OLEDはサイズが小さいほど輝度・消費電力が少なくて済み、バックライトが不要なため本体を薄く・軽くできるからであると伝えられています。
iWatchはApple初のスマートウォッチとして、2014年9月に大画面のiPhone 6(仮称)と同時発表されることが期待されています。



参考:P-OLEDを搭載したLG G Flex

情報元:DDaily



よくわかるフレキシブル・エレクトロニクスのできるまでよくわかるフレキシブル・エレクトロニクスのできるまで
(2010/12)
沼倉 研史

商品詳細を見る

Samsung Galaxy S5はマルチホバリング機能に対応へ─触れずに操作が進化

リンゲルブルーメンより。
Samsung Galaxy S5はマルチホバリング機能に対応へ─触れずに操作が進化

samsung_maltihovering_ui_image.png

Samsungの次期フラグシップスマートフォン「Galaxy S5」はマルチホバリングに対応することが
わかったと報じられています。
Galaxy S4やGalaxy Note 3には、指で画面に触れずとも、指の存在を検知するホバリング機能(AirView)機能が
実装されていますが、Galaxy S5ではこれをさらに進化させて精度を大幅に高め、
2点までのマルチ認識に対応した「マルチホバリング」を搭載するとの事です。
対応のICメーカやタッチセンサメーカーが気になるところですね。


Samsungの次期フラグシップスマートフォン「Galaxy S5」はマルチホバリングに対応することがわかったと韓国メディアが報じました。
Galaxy S4やGalaxy Note 3には、指で画面に触れずとも、指の存在を検知するホバリング機能(AirView)機能が実装されていますが、Galaxy S5ではこれをさらに進化させて精度を大幅に高め、2点までのマルチ認識に対応した「マルチホバリング」を搭載するそうです。
Galaxy S4のホバリング機能とは精度が「天と地の差(Samsung関係者談)」ほどもあるそうで、Galaxy S5のマーケティングの目玉になるとのこと。
精度が高められたことで、このマルチホバリングが様々なUIに活用されることになると韓国メディアは付け加えました。

情報元:ETNews



docomo GALAXY NEXUS SC-04D チタンシルバー SAMSUNG Android4.0搭載 スマートフォン 白ロム 携帯電話本体標準セットdocomo GALAXY NEXUS SC-04D チタンシルバー SAMSUNG Android4.0搭載 スマートフォン 白ロム 携帯電話本体標準セット

docomo

商品詳細を見る

ニッタ、CNT微量添加で炭素繊維を強化する新手法を開発

日刊工業新聞より。
ニッタ、CNT微量添加で炭素繊維を強化する新手法を開発

nitta_cfrp_cnt_product_image.jpg

nitta_cnt_cfrp_sem_image.jpg

ニッタはごく微量のカーボンナノチューブCNT)添加することで、
炭素繊維強化樹脂CFRP)の機能を向上できる技術を開発したと発表しています。
既存技術と比べると、1/20-1/50程度のCNT添加量で従来と同等の機能を付与できるとの事。
従来はCFRPの樹脂部分にCNTを添加していましたが、炭素繊維の一本一本の表面をCNTで均一に覆うことで
CFRP重量の1/1000以下のCNT量で導電性や機械強度といった特性を付与できるとしています。

関連記事
ゴムタイムス:ニッタ CNT分散技術を開発

ニッタ株式会社
nitta_logo_image.jpg
http://www.nitta.co.jp/
CNT/CF複合材料


 ニッタは15日、ごく微量のカーボンナノチューブ(CNT)添加することで、炭素繊維強化樹脂(CFRP)の機能を向上できる技術を開発したと発表した。既存技術と比べると、20―50分の1程度のCNT添加量で従来と同等の機能を付与できるという。早ければ2014年度にも事業化を目指す。
 新技術は、CFRPに使う炭素繊維一本一本の表面をCNTで均一に覆う。ナノレベルのCNT分散技術や、自社開発の直線的なCNTの活用によって均一な被覆を可能にした。CFRP重量の1000分の1以下の量のCNTを添加で、導電性や機械強度といった特性を付与できる。既存手法は、CFRPの樹脂部分にCNTを添加する方法が取られていた。
 技術はガラス繊維などにも応用できるという。事業化後は、CFRP成形前のプリプレグ(中間材)状態などでの提供を検討する。



カーボンナノチューブの機能化・複合化技術 (CMCテクニカルライブラリー―新材料・新素材シリーズ)カーボンナノチューブの機能化・複合化技術 (CMCテクニカルライブラリー―新材料・新素材シリーズ)
(2011/10/05)
中山 喜萬

商品詳細を見る

Google、涙液中のグルコース濃度を測定できる「スマートコンタクトレンズ」を開発中

リンゲルブルーメンより。
Google、涙液中のグルコース濃度を測定できる「スマートコンタクトレンズ」を開発中

google_smart_contactlens_image.png

Googleが涙液中のグルコース濃度を測定できる「スマートコンタクトレンズ」を開発するプロジェクトを
推進していることが報じられています。
同プロジェクトはGoogleの先端研究を担う「Google Xプロジェクト」の一環とされており、
糖尿病患者の血糖値管理に利用可能であるとのこと。
ソフトコンタクトレンズに超小型無線チップとグルコースセンサを埋め込むことで、
涙液中のグルコース濃度を1秒毎にモニタリングし、閾値を超えた場合に着用者に警告することが可能です。
また着用者に警報を与えるためにコンタクトレンズにLEDを埋め込むことも検討しているとの事です。
現時点では医療用途がメインの開発ですが、今後様々な場面に使えそうな技術だと思います。

Google:Introducing our smart contact lens project


Googleが涙液中のグルコース濃度を測定できる「スマートコンタクトレンズ」を開発するプロジェクトを推進していることが明らかになりました。
同プロジェクトはGoogleの先端研究を担う「Google Xプロジェクト」の一環とされており、糖尿病患者の血糖値管理に利用可能であるとのこと。
ソフトコンタクトレンズに超小型無線チップとグルコースセンサを埋め込むことで、涙液中のグルコース濃度を1秒毎にモニタリングし、閾値を超えた場合に着用者に警告することが可能です。また着用者に警報を与えるためにコンタクトレンズにLEDを埋め込むことも検討しているそうです。
同プロジェクトは非常に初期の段階であるそうですが、今後の研究開発の進展を楽しみに待ちたいと思います。

情報元:Google



パーソナル・ヘルスケア―ユビキタス、ウェアラブル医療実現に向けたエレクトロニクス研究最前線パーソナル・ヘルスケア―ユビキタス、ウェアラブル医療実現に向けたエレクトロニクス研究最前線
(2013/10/23)
不明

商品詳細を見る

昭和電工、有機EL撤退-パワー半導体などに集中

日刊工業新聞より。
昭和電工、有機EL撤退-パワー半導体などに集中

syouwadennkou_OLED_light_image.jpg

昭和電工が有機エレクトロ・ルミネッセンス(EL)照明事業から撤退すると報じられています。
既に研究開発を打ち切っており、現在は独自技術に関する特許・ノウハウの売却などを検討しているとの事。
これに伴い、2013年内に予定していた有機EL照明パネルの量産試験も取りやめているそうです。
同社は塗布燐光型高分子有機ELの技術を保有しており、今後の特許技術の取得先が注目されます。

関連記事
有機EL照明OLED照明)とテレビの動向
◎ 昭和電工の有機EL事業の沿革

Tech-on:
光の取り出し効率40%の有機EL素子を昭和電工が開発(2009/07/28)
有機ELパネルの量産試作ラインを導入へ,昭和電工が2008年に実用化目指す(2007/02/15)
NHK技研と昭和電工のリン光発光性高分子有機EL,独自に材料を開発し実現(2002/01/17)
昭和電工とNHK技研,フレキシブル・ディスプレイ向け有機EL素子を開発(2002/01/16)

当ブログ関連記事
有機EL 高分子発光材料 特許総合力ランキング


 昭和電工が有機エレクトロ・ルミネッセンス(EL)照明事業から撤退することが分かった。既に研究開発を打ち切っており、現在は独自技術に関する特許・ノウハウの売却などを検討している。同照明は次世代照明として期待を集めるが、本格的な市場形成には至っていない。一方でパワー半導体用の材料やリチウムイオンバッテリー(LIB)材料といった事業が育ってきていることもあり、成長分野の選択と集中を進める。
 2013年内に予定していた有機EL照明パネルの量産試験も取りやめた。ただ、同社の照明パネルには約45%と高い光取り出し効率を実現する独自技術・素材がある。一連の技術・特許の売却や、技術供与を検討していく。
 一方、車載などを用途に需要が高まっているパワー半導体用炭化ケイ素(SiC)ウエハーを設備増強しているほか、LIB向けのラミネートフィルムや負極材、バインダーなどの事業も育ってきた。



有機ELに賭けろ! ―世界的権威が明かす日本企業がサムスンに勝つ方法有機ELに賭けろ! ―世界的権威が明かす日本企業がサムスンに勝つ方法
(2013/03/01)
城戸 淳二

商品詳細を見る

【液晶パネル】 5.5型iPhone 6タッチパネル、TPKがTOLで認証獲得

EMSOneより。
【液晶パネル】 5.5型iPhone 6タッチパネル、TPKがTOLで認証獲得

apple_iphone6_ogs_image.jpg

台湾TPK宸鴻)のガラス1枚型TOLTouch-on-Lens)が、米アップルApple)の
認証を獲得した模様だと報じられています。
アップルがスマートフォン「iPhone」で、現行モデルの4型から大型化した5.5型の
14年旗艦モデル「iPhone 6」に採用される可能性が出てきたとしているとの事。
iPhone5でのインセルタッチパネルの歩留に苦戦したことでアップルの印象が悪化していたという報道も
ありましたが、次期iPhoneはカバーガラス一体型タッチパネルになる可能性がありそうです。
1社のみの供給とは考えにくいため、他の台湾大手もアップルにサンプルを出荷している可能性があります。


タッチパネル最大手、台湾TPK宸鴻)のガラス1枚型TOLTouch-on-Lens)が、米アップルApple)の認証を獲得した模様だ。台湾紙『経済日報』(2014年1月15日付)が報じたもので、アップルがスマートフォン「iPhone」で、現行モデルの4型から大型化した5.5型の14年旗艦モデル「iPhone 6」に採用される可能性が出てきたとしている。



タッチパネル−技術開発・市場・アプリケーションの動向−タッチパネル−技術開発・市場・アプリケーションの動向−
(2012/10/26)
西野 利晴、西川 武士 他

商品詳細を見る

【液晶パネル】 ソニーのノートPC 14年モデル用タッチパネル、鴻海傘下GISとAUOが独占

EMSOneより。
【液晶パネル】 ソニーのノートPC 14年モデル用タッチパネル、鴻海傘下GISとAUOが独占

sony_vaio_2014_image.jpg

台湾AUO(友達)と、台湾フォックスコン(FOXCONN=鴻海精密=ホンハイ)傘下でタッチパネルの
台湾GIS(General Interface Solution=英特盛)が、ソニー(Sony)のノートPC(NB)2014年モデル用タッチパネルを
分け合った模様だと報じられています。
2014年はノートPCの需要は多少改善傾向にあるようですので、今後の動向が注目されます。


パネルの台湾AUO(友達)と、EMS(電子機器受託生産)世界最大手、台湾フォックスコン(FOXCONN=鴻海精密=ホンハイ)傘下でタッチパネルの台湾GIS(General Interface Solution=英特盛)が、ソニー(Sony)のノートPC(NB)2014年モデル用タッチパネルを分け合った模様だ。台湾紙『経済日報』(2014年1月14日付)が、ソニーの台湾系サプライチェーンの話として報じた。



ソニー SVD13219CJB VAIO Duo13 ブラックソニー SVD13219CJB VAIO Duo13 ブラック
(2013/06/29)
ソニー

商品詳細を見る

Panasonic、スマホ事業に再参入─法人向けに2月にもグローバル展開

リンゲルブルーメンより。
Panasonic、スマホ事業に再参入─法人向けに2月にもグローバル展開

panasonic_smartphone_for_business_image.png

Panasonicが2013年8月に自社生産から撤退したスマートフォン事業に再参入することがわかったと
報じられています。
2月にも自社開発したスマートフォンを北米市場に売り出すとのこと。
生産計画が立てやすい法人向けのスマートフォンで、ディスプレイサイズは5インチとなり、
落としても簡単に壊れないタフネス機能や、騒音の中でも音が聞き取りやすい機能をもたせ、建
築現場などでの利用を見込んでいるとのこと。
以前の記事でも触れていますが、Panasonic製品はビジネス向けのノートPCでは根強い人気を誇っていますので
それらのノウハウを活用した製品になりそうです。

関連記事
スマホ事業、パナ再参入 法人向け

当ブログ関連記事
パナソニック、個人向けスマホの開発休止-企業向けに特化


Panasonicが2013年8月に自社生産から撤退したスマートフォン事業に再参入することがわかったと
朝日新聞が報じました。
2月にも自社開発したスマートフォンを北米市場に売り出すとのこと。
生産計画が立てやすい法人向けのスマートフォンで、ディスプレイサイズは5インチとなり、
落としても簡単に壊れないタフネス機能や、騒音の中でも音が聞き取りやすい機能をもたせ、
建築現場などでの利用を見込んでいるとのこと。
2月にはスペインで開かれる世界最大の携帯見本市にも出展する計画で、日本を含むグローバル市場に展開する方針で、いずれは個人市場への再挑戦も視野に入れていると情報元は付け加えました。

情報元:朝日新聞



『 崩壊!パナソニック 復活への秘策 』『 崩壊!パナソニック 復活への秘策 』
(2013/12/13)
管野 ひろし

商品詳細を見る

Samsung、5インチフルHD画面を搭載したフラグシップWindows Phoneを開発中

リンゲルブルーメンより。
Samsung、5インチフルHD画面を搭載したフラグシップWindows Phoneを開発中

samsung_windowsphone_develop_image.png

Samsungが5インチFHDディスプレイを搭載したWindows Phone 8スマートフォン「SM-W750V」を
開発中であると報道されています。
1920x1080解像度のFHDディスプレイとLTEをサポートするとのこと。
以前からマイクロソフトから12億ドルの開発支援金のサポートを受けてWindowsPhoneを開発していると
報じられていますが、具体的に製品名が出てきた模様です。
続報に注目したいと思います。

当ブログ関連記事
Sony、Windows Phone開発のためにマイクロソフトから5億ドルを受領か
Nokia、Android端末の開発を中断しウェアラブル端末に注力─中国


Samsungが5インチFHDディスプレイを搭載したWindows Phone 8スマートフォン「SM-W750V」を
開発中であることが明らかになりました。
1920x1080解像度のFHDディスプレイとLTEをサポートするとのこと。
その他仕様は伝えられていませんが、2月末にスペイン・バルセロナで開催される
MWC2014で正式発表される可能性があるそうです。

情報元:Engadget



ノキアジャパン Nokia Lumia 520 (Blue ブルー)SIMフリー【並行輸入品】ノキアジャパン Nokia Lumia 520 (Blue ブルー)SIMフリー【並行輸入品】

ノキアジャパン

商品詳細を見る

【液晶テレビ】 テレビ業界、OLEDより4K LGのみ積極的 CES 2014

EMSOneより。
【液晶テレビ】 テレビ業界、OLEDより4K LGのみ積極的 CES 2014

図2 LG Display社による「湾曲した有機ELテレビ」の展示デモ

台湾の経済紙『工商時報』(2014年1月13日)は、1月10日に閉幕した世界最大の家電見本市、
米コンシューマ・エレクトロニクス・ショー(CES)において、
韓国サムスン電子(Samsung Electronics)、ソニー(Sony)、米Vizioなど主要テレビ(TV)ブランド各社が
注力したのは超高精細4K(4K2K)TVであり、
有機ELOLED)TVを打ち出したのは韓国LG電子(LG Electronics)のみだったと紹介。
その上で、LGには、OELD TVに対する投資を減らしたサムスンとの差別化を図る意図があるのだろうが、
OLED TV市場の前途は不透明だとの見方を示しています。

記事のようにLGはサムスンに先駆けて大型のOLED TVを市場にリリースしていますので
OLED TV = LG」のブランドイメージを構築したい狙いがあるのではないかと思います。
モバイル分野でのOLEDについてはサムスンのイメージが定着していますので、
あくまでTVで勝負を仕掛けたいものと考えられます。
ただ韓国企業が大々的にOLED TVを打ち出した後はあまり後続が出てきていないのも事実です。
2013年初にソニー・パナソニックが共同で56型のOLED TVを展示会で披露していますが、
昨年末に技術提携は解消しています。
上記の技術提携解消の背景もそうですが、当面LGを除く各社は4K TVを市場に売り込みたい考えのようです。

当ブログ関連記事
ソニーとパナソニック、有機ELの提携解消へ─「4K」に開発集中


台湾の経済紙『工商時報』(2014年1月13日)は、1月10日に閉幕した世界最大の家電見本市、米コンシューマ・エレクトロニクス・ショー(CES)において、韓国サムスン電子(Samsung Electronics)、ソニー(Sony)、米Vizioなど主要テレビ(TV)ブランド各社が注力したのは超高精細4K(4K2K)TVであり、有機EL(OLED)TVを打ち出したのは韓国LG電子(LG Electronics)のみだったと紹介。その上で、LGには、OELD TVに対する投資を減らしたサムスンとの差別化を図る意図があるのだろうが、OLED TV市場の前途は不透明だとの見方を示した。


OLED Display Fundamentals and Applications (Wiley Series in Display Technology)OLED Display Fundamentals and Applications (Wiley Series in Display Technology)
(2012/07/03)
Takatoshi Tsujimura

商品詳細を見る

Sony、Windows Phone開発のためにマイクロソフトから5億ドルを受領か

リンゲルブルーメンより。
Sony、Windows Phone開発のためにマイクロソフトから5億ドルを受領か

sony_windowsphone_ms_500m_image.png

SonyがWindows Phneを開発するために米Microsoftから5億ドルを受領したと
ロシア人ブロガーのEldarMurtazin氏が明らかにしています。
またMicrosoftは同様の支援をSamsung(12億ドル)や華為(600億ドル)にも行っているとのこと。
以前当ブログでも取り上げていますが、スマートフォン各社へ資金援助を行い
シェアを伸ばす目論見でしょうか。
各社がどういった製品を出してくるのか気になりますね。

当ブログ関連記事
ソニーモバイルがWindows Phoneを日本市場に投入か─DigiTimes報道(13/10/15更新)
Nokia、Android端末の開発を中断しウェアラブル端末に注力─中国


SonyがWindows Phneを開発するために米Microsoftから5億ドルを受領したと
ロシア人ブロガーのEldarMurtazin氏が明らかにしました。
同氏によると、MicrosoftはSonyが今年、少なくとも1つ以上のWindows Phoneを開発することを支援するために、
5億ドル(約500億円)の資金をSonyに支援しているそうです。
またMicrosoftは同様の支援をSamsung(12億ドル)や華為(600億ドル)にも行っているとのこと。
台湾サプライチェーン筋によりSonyが2014年にWindows Phoneを発売する可能性は濃厚となっていますが、
背景にはMSの資金提供があったのでしょうか。
Microsoftは日本市場攻略のためにSonyにWindows Phoneの開発を持ちかけたと伝えられており、
Sony製のWindows Phoneは日本市場で発売される可能性は濃厚となっています。続報を楽しみに待ちましょう。

情報元:Twitter


HTC Windows Phone 8S SIMフリー (ブラック)HTC Windows Phone 8S SIMフリー (ブラック)

HTC

商品詳細を見る

「Xperia Z1」が曲がるとの複数報告─外力ではなく熱で変形か【画像あり】

リンゲルブルーメンより。
「Xperia Z1」が曲がるとの複数報告─外力ではなく熱で変形か【画像あり】

sony_xperiaz1_bending_almiflame_image.png

折れ曲がってしまった「Xperia Z1」の実機画像が海外フォーラムに複数投稿されていたとの事です。
画像の投稿主によると、ジーンズの後ろポケットに「Xperia Z1」を入れたことは一度もなく、
外力を加えた覚えもないそうです。
ただ投稿主はナイジェリアに滞在しており、変形したその日の気温はとても暑かったとのこと。
熱によるアルミフレームの変形が考えられ、今後問題となる可能性もあります。
販売が好調でラインアップを拡充しているXperiaですが、今後筐体設計が見直されるかもしれません。


折れ曲がってしまった「Xperia Z1」の実機画像が海外フォーラムに複数投稿されていました。
画像の投稿主によると、ジーンズの後ろポケットに「Xperia Z1」を入れたことは一度もなく、
外力を加えた覚えもないそうです。
ただ投稿主はナイジェリアに滞在しており、変形したその日の気温はとても暑かったそうです。
これ以外にも折れ曲がったXperai Z1の画像が複数公開されおり、その投稿主は一様に
「外力を加えた覚えはない」と主張しています。
画像を見るとどうやら「アルミフレーム」が変形しているようです。
リコールに発展する問題なのかも含め、続報に注目したいところです。
情報元:Xperia Blog



トラブルをさけるための電子機器の熱対策設計トラブルをさけるための電子機器の熱対策設計
(2006/08)
伊藤 謹司、国峰 尚樹 他

商品詳細を見る

【EMS/ODM】 アップルiWatch、3D ゴリラガラス採用へ 曲面加工は鴻海傘下が受注

EMSOneより。
【EMS/ODM】 アップルiWatch、3D ゴリラガラス採用へ 曲面加工は鴻海傘下が受注

corning_3d_coverglass_image.jpg

ガラス大手の米コーニング(CORNING)が同社の「ゴリラガラス」(Gorilla Glass)について、3D加工をした製品の
製造準備が整い、2014年中の供給を目指し、ガラス加工の台湾Gtoc(正達)と協力していることを明らかにしています。
3Dゴリラガラスが米アップル(Apple)のスマートウオッチ「iWatch」に採用されるとも報じられています。

当ブログ関連記事
コーニング、抗菌ゴリラガラスを正式発表!

関連記事
Tech-on:抗菌機能や3D形状、タッチパネル用カバーガラスの新技術をCorningが発表
14/02/07追記
日刊工業新聞:米コーニング、カバーガラスを立体・曲面成形する製造技術を確立


ガラス大手の米コーニング(CORNING)が2014年1月3日、同社の「ゴリラガラス」(Gorilla Glass)について、3D加工をした製品の製造準備が整い、2014年中の供給を目指し、ガラス加工の台湾Gtoc(正達)と協力していることを明らかにした。これについて、台湾の経済紙『工商時報』(1月6日付)の伝えた台湾の市場関係者は、3Dゴリラガラスが米アップル(Apple)のスマートウオッチ「iWatch」に採用されるとの見方を示した。



先端ガラスの産業応用と新しい加工 (新材料・新素材シリーズ)先端ガラスの産業応用と新しい加工 (新材料・新素材シリーズ)
(2009/09)
平尾 一之

商品詳細を見る

Samsung、5.68インチの折り畳み可能なフレキシブルOLEDを限定公開

リンゲルブルーメンより。
Samsung、5.68インチの折り畳み可能なフレキシブルOLEDを限定公開

samsung フレキシブル有機ELコンセプト

SamsungはCESで一部の主要顧客向けに5.68インチの折りたたみ可能なフレキシブルOLEDディスプレイを
限定公開していたと報じられています。
本ディスプレイにはタッチパネルも組み込まれており、タッチパネルフィルムもGalaxy Roundに採用された
ITO素材ではなく、曲げられる物性を持つメタルメッシュ素材が採用されているとのこと。
Samsungは折り畳んだり巻物のように扱えるフレキシブルディスプレイを2015年に投入すると明らかにしています。


SamsungはCESで一部の主要顧客向けに5.68インチの折りたたみ可能なフレキシブルOLEDディスプレイを
限定公開していたことが明らかになりました。
5.68インチは「Galaxy Note 3」の画面サイズと同一です。
また本ディスプレイにはタッチパネルも組み込まれており、タッチパネルフィルムも
Galaxy Roundに採用されたITO素材ではなく、曲げられる物性を持つメタルメッシュ素材が採用されているとのこと。
ITO素材では折り曲げると導電性が低くなってしまいますが、メタルメッシュ素材では同問題は起きません。
Samsungは折り畳んだり巻物のように扱えるフレキシブルディスプレイを2015年に投入すると明らかにしています。
情報元:ETNews (画像は過去に出展されたフレキシブルOLED)



よくわかるフレキシブル・エレクトロニクスのできるまでよくわかるフレキシブル・エレクトロニクスのできるまで
(2010/12)
沼倉 研史

商品詳細を見る

台湾タッチパネル大手2社の13年12月業績

EMSOneより。

台湾タッチパネル大手2社の13年12月業績が報道されています。

wintek-logo.gif

TPK ロゴ

Wintek勝華)について営業収益は前月比11.39%減、前年同月比7.56%増の75億4800万NTドル(1NTドル=約3.4円)。
同第4四半期通期では、前期比36.61%増の232億8300万NTドルとの事です。
要因としては中国Xiaomi(小米科技)のスマホ用や、タブレットPC用の出荷が好調だったことが挙げられています。

一方TPK宸鴻)については営業収益は前月比7.7%増、前年同月比28.9%減の159億2800万NTドル。
同第4四半期通期では前期比42.1%増の418億8300万NTドルで、市場予想の2〜3割増を大きく上回っています。
13年通年では前年比8%減の1590億6700万NTドルで、要因としてiPadAir向け製品が牽引と報じられています。

>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>
【液晶パネル】 タッチパネルのWintek、営業収益25%減 2013年

タッチパネルの台湾Wintek勝華)は2014年1月2日、2013年12月の業績を公表、
営業収益は前月比11.39%減、前年同月比7.56%増の75億4800万NTドル(1NTドル=約3.4円)だった。
同第4四半期通期では、前期比36.61%増の232億8300万NTドルと、事前の市場の予想を上回った。
台湾の経済紙『工商時報』(1月3日付)は、スマートフォンの新興ブランド、中国Xiaomi(小米科技)のスマホ用や、
タブレットPC用の出荷が好調だったことが貢献したと評した。


【液晶パネル】 TPK、営業収益42%増 iPad Airが牽引 13年Q4

タッチパネル最大手の台湾TPK宸鴻)が2014年1月6日、2013年12月の業績を公表、営業収益は前月比7.7%増、
前年同月比28.9%減の159億2800万NTドル(1NTドル=約3.4円)だった。
同第4四半期通期では前期比42.1%増の418億8300万NTドルで、市場が予想していた2〜3割増を大きく上回った。
13年通年では前年比8%減の1590億6700万NTドルだった。
>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>

タッチ・パネル最前線2013-2014タッチ・パネル最前線2013-2014
(2012/12/28)
日経エレクトロニクス

商品詳細を見る

LG電子「LG G3」ではコスト削減を優先しG1Fタッチパネル方式を採用へ

リンゲルブルーメンより。
LG電子「LG G3」ではコスト削減を優先しG1Fタッチパネル方式を採用へ

LG_LG-G3_image.png


韓国のLG電子が次期フラグシップスマートフォン「LG G3」にGF1タッチパネル方式を採用することが
わかったと報じられています。
LG G2にはカバーガラス一体型でディスプレイの透過率が高い「G2タッチスクリーンパネル」が採用されていましたが、
コストが高いことからこれを放棄し、ハイブリッドカバーガラス一体型の「GF1タッチスクリーンパネル」が
採用されることに決定したそうです。
また2014年はSamsung、LGともにフラグシップスマートフォンのコスト削減を優先するとの事です。
昨年来市場に出てきたカバーガラス一体型タッチパネル(OGS)ですが、コスト競争でフィルム方式のタッチパネル
一部置き換えが行われているようです。
元々ガラス方式のタッチパネルと比較してコスト削減効果があるとされていましたが、
とりわけセル方式においては歩留り含めてコストが下がっていない可能性があります。

>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>
韓国のLG電子が次期フラグシップスマートフォン「LG G3」にGF1タッチパネル方式を採用することが
わかったと韓国メディアが報じました。
LG G2にはカバーガラス一体型でディスプレイの透過率が高い「G2タッチスクリーンパネル」が採用されていましたが、
コストが高いことからこれを放棄し、ハイブリッドカバーガラス一体型の「GF1タッチスクリーンパネル」が
採用されることに決定したそうです。
また2014年はSamsung、LGともにフラグシップスマートフォンのコスト削減を優先すると情報元は付け加えました。

情報元:ETNews
>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>

タッチパネル構成部材の選び方・使い方と貼り合わせ技術タッチパネル構成部材の選び方・使い方と貼り合わせ技術
(2011)
(株)タッチパネル研究所 中谷 健司、古河電気工業(株) 加納 義久 他

商品詳細を見る
NEXT≫
プロフィール

miyabi

  • Author:miyabi
  • 2013/1よりディスプレイ周りの技術情報を掲載。

    Twitter @deep2black
カレンダー
12 | 2014/01 | 02
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
最近の記事
タグリスト
カテゴリー
アーカイブ
リンク
人気記事
ブログ内検索
関連書籍
RSSフィード
Twitter