FC2ブログ

消費電力を液晶の1/6に削減、MEMSシャッタ・ディスプレイをシャープが参考出展

Tech-onより。
消費電力を液晶の1/6に削減、MEMSシャッタ・ディスプレイをシャープが参考出展

Sharp_MEMS_CEATEC2013.jpg

ちょっと古い記事で恐縮ですが、CEATEC2013にてシャープQualcommと共同開発した
MEMSディスプレイを参考展示しています。
当ブログでも以前取り上げていますが、液晶の代わりにMEMSを用いたディスプレイです。
今回の展示品の特徴としてはMEMSシャッターの駆動用TFTの材料にIGZOを用いている事です。
動画を見る限りかなり明るそうですね。
高速でシャッターを動かすためにキャリア移動度の高いIGZOを採用したとしています。
もちろんIGZO技術をアピールしたいという思惑もあるでしょうが…。




関連記事
マイナビニュース
光の利用効率10倍の次世代ディスプレイ「IGZO MEMSディスプレイ」

当ブログ関連記事
シャープ、MEMSディスプレイの試作品を公開

>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>
 液晶シャッタの代わりにMEMSシャッタを用いて低消費電力化したカラー・ディスプレイを、シャープが「CEATEC JAPAN 2013」に参考展示する。従来の液晶パネルとは異なり、バックライト光の透過率を1/2に減らす偏光板や、1/3に減らすカラー・フィルタを使わずに済むため、パネルの消費電力を従来の液晶の1/6に削減できるのが特徴だ。

 シャープは今回、7型で800×1280画素、約220ppiのMEMSシャッタ・ディスプレイ3台を参考出展する。それぞれ、静止画表示、動画表示、および白黒表示時などでは消費電力をさらに低減できることを示すデモを実施する。いずれも、米Qualcomm社と共同で開発したものだ。

 今回のディスプレイの表示原理は以下の通り。バックライト光源にはLEDを用いた。
各画素に設けたMEMSシャッタを時分割駆動によって開閉させ、RGBWの4色の透過率を制御することで、カラー表示を実現している。MEMSシャッタを高速に動かすために、スイッチ用TFTの半導体材料には、液晶パネルで一般的に使われているアモルファスSiよりもキャリア移動度の高い酸化物半導体「IGZO」を採用したとしている。

 なお、表示画像の階調数が少ない場合や、白黒画像の場合は、MEMSシャッタを開閉する頻度が減るため、バックライト光の利用効率が高くなり、消費電力をさらに下げることができるという。
>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>
はじめてのMEMSはじめてのMEMS
(2011/03/30)
江刺 正喜

商品詳細を見る
スポンサーサイト



パナソニック、年度内めどプラズマ撤退-「4K」・有機ELに軸足

日刊工業新聞より。
パナソニック、年度内めどプラズマ撤退-「4K」・有機ELに軸足

panasonic_amagasakiplant.jpg

パナソニックが2013年度末をめどに、プラズマディスプレーパネル(PDP)の生産打ち切りを
検討していると報じられています。
生産拠点の尼崎工場(兵庫県尼崎市)は売却する方針との事で、今後は「4K」対応品と有機ELに
注力する方針とされています。例えば有機EL用に転換するなど活用の方法を見いだせないだろうかとは
思ってしまいますが専用装置になるほど応用がしにくくなりますので、
転用も検討した上での経営判断になるでしょう。
保有しているだけでも費用はかかりますので売却も一つの判断だと思いますが、なおの事
買い手がつくのか気になるところです。

関連記事
CNETJAPAN
パナソニックのプラズマテレビ撤退を読む--事業維持の限界超えた
YOMIURI ONLINE
尼崎の経済に打撃 パナソニック、事業撤退へ
日本経済新聞
パナソニック、プラズマから撤退 尼崎工場売却へ

当ブログ関連記事
【決算】パナソニック、稼働停止中のPDP最新鋭工場は「グループ内工場以外の使い道を検討している」

>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>
 パナソニックが2013年度末をめどに、プラズマディスプレーパネル(PDP)の生産打ち切りを検討していることが9日、分かった。生産拠点の尼崎工場(兵庫県尼崎市)は売却する方針。PDPの生産終了で、完成品の販売も在庫が無くなれば終了となり、プラズマ事業から完全撤退することになる。テレビ事業は、高精細な「4K」対応品が注目される液晶テレビを主体としつつ有機ELテレビの開発を進めていく。
 尼崎工場は工場棟が3棟あり、このうち2棟での生産はすでに停止済み。現在、稼働を継続しているのは1棟のみ。研究開発はすでに中止しており、プラズマテレビの次期モデルの開発も見合わせていた。
 同工場の生産設備の減損処理は実施済み。建屋で残す、数百億円を構造改革費用で計上する見込み。
 パナソニックはプラズマをテレビ事業戦略の柱とし、総額6000億円超の資金を投じてきた。国内勢で唯一残っていたが、経営悪化の要因となっていた。
>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>
パナソニック・ショックパナソニック・ショック
(2013/02/23)
立石 泰則

商品詳細を見る


プロフィール

miyabi

  • Author:miyabi
  • 2013/1よりディスプレイ周りの技術情報を掲載。

    Twitter @deep2black
カレンダー
09 | 2013/10 | 11
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最近の記事
タグリスト
カテゴリー
アーカイブ
リンク
人気記事
ブログ内検索
関連書籍
RSSフィード
Twitter