FC2ブログ

東レ・デュポン、射出成形可能な放熱性樹脂を開発-スマホや車部材狙う

日刊工業新聞より。

東レ・デュポン、射出成形可能な放熱性樹脂を開発-スマホや車部材狙う

 東レ・デュポンは、射出成形が可能な放熱ポリエステルエラストマーを開発、
サンプル出荷を始めたと報じられています。
複雑な形状への対応が容易で、熱対策や熱制御ができるものとして用途開拓を進めるとの事。
放熱性に加えて金属やガラスといった樹脂以外の材料と接合、シールが可能なタイプも用意しており、
ポリエステルエラストマー「ハイトレル」の放熱グレードとして展開していくそうです。
スマートフォンなどは特に電池の容量が増えるにつれて熱対策が重要になってくる製品ではないかと思います。

東レ・デュポン株式会社
tore_dupon_logo.gif
http://www.td-net.co.jp/

>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>
 東レ・デュポン(東京都中央区、森野仁社長、03・3245・5081)は、射出成形が可能な放熱ポリエステルエラストマーを開発、サンプル出荷を始めた。複雑な形状への対応が容易で、熱対策や熱制御ができるものとして用途開拓を進める。放熱性に加えて金属やガラスといった樹脂以外の材料と接合、シールが可能なタイプも用意した。ポリエステルエラストマー「ハイトレル」の放熱グレードとして展開していく。
 開発品は熱源への形状追随性が期待できる。スマートフォンの放熱カバーに適用した場合、放熱面積を持たせて熱暴走を抑えることにつながる。
 「HTD―783」は柔軟性を生かした標準グレードで、引っ張り破断伸びは100%。異材接合グレード「同784」は金属やガラスなど樹脂以外の材料と接合、シールが可能。被着体となる金属などに特別な処理を施さなくても接合できる。
 表面硬さが72の高剛性グレード「同813」も用意した。
>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>

電磁シールド・電波吸収・放熱・帯電防止材料の市場電磁シールド・電波吸収・放熱・帯電防止材料の市場
(2009/01)
不明

商品詳細を見る
スポンサーサイト

【EMS/ODM】 新型iPadとmini、10月15日発表か 台湾系サプライチェーン一覧

EMSOneより。
【EMS/ODM】 新型iPadとmini、10月15日発表か 台湾系サプライチェーン一覧

台湾の経済紙『工商時報』(9月18日付)は、米アップルApple)の台湾系サプライチェーンの話として、アップルが10月15日に製品発表会を開催し、タブレットPCで9.7型の「iPad」第5世代と、7.9型の「iPad mini」第2世代を披露すると報じた。同紙はまた、新型iPadシリーズの組立について、EMS(電子機器受託生産)世界最大手の台湾フォックスコン(FOXCONN=鴻海精密=ホンハイ)、台湾ペガトロン(Pegatron=和碩)のほか、台湾ウィストロン(Wistron=緯創)がiPad第5世代の第2サプライヤーとして受注したと伝えた。(=文末に新型iPadシリーズの台湾系主要サプライチェーン一覧)

先の供給業者によると、iPad第5世代、iPad mini第2世代は、いずれもスリムベゼルを採用する。iPad miniにはiPadに続いて高精細Retinaディスプレイが搭載されるほか、先に発表された廉価版スマートフォン「iPhone 5c」同様、多色展開になる可能性もあるという。

これに対してiPad第5世代は、スマホの新型旗艦モデル「iPhone 5s」にも搭載された新型プロセッサ「A7」や、指紋認証システムが導入される見通しだとした。アップルは今後、iPadをビジネス向け、iPad miniをマルチメディア向けとして棲み分けを図る方針だという。
ipad5ipadmini2_sapplychain.jpg

ちなみにTPKはiPad5の6割を供給しているとの報道もあります。

--------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
【液晶パネル】 タッチパネルのTPK、iPad第5世代の6割供給 WintekはKindle Fire
アップルApple)、米アマゾン(Amazon)の新型タブレットPC登場で、タッチパネルの台湾2大大手、TPK(宸鴻)、Wintek(勝華)の2013年第3四半期業績に期待する観測が台湾市場で強まっているようだ。台湾の経済紙『工商時報』(9月23日付)が報じたもので、中でもTPKは13年9月の営業収益が前月比3割の成長が見込まれている。
--------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------


Apple 第4世代 iPad Retinaディスプレイ Wi-Fiモデル 128GB ME392J/A ブラック ME392JAApple 第4世代 iPad Retinaディスプレイ Wi-Fiモデル 128GB ME392J/A ブラック ME392JA

アップル

商品詳細を見る

シャープ、1665億円調達-中小型液晶に投資

日刊工業新聞より。
シャープ、1665億円調達-中小型液晶に投資

経営再建中のシャープは、公募増資と第三者割当増資で最大約1665億円の資金を10月24日までに
調達すると発表しています。巨額赤字で傷んだ財務基盤を改善し、企業年金の積み立て不足や、
来年の社債償還に備えるとの事。中小型液晶パネルなどの成長事業にも投資するとしています。
シャープは堺や亀山のラインを保有していることもあり、どちらかというと大型サイズに強い印象が
ありますね。一方で中小型をメインとする企業が集まって設立されたJDIは中小型に強い印象があります。

>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>
 経営再建中のシャープは18日、公募増資と第三者割当増資で最大約1665億円の資金を10月24日までに調達すると発表した。
巨額赤字で傷んだ財務基盤を改善し、企業年金の積み立て不足や、来年の社債償還に備える。中小型液晶パネルなどの成長事業にも投資する。
既存株主の希薄化率は最大42・1%になる。公募増資での調達額は最大約1489億円。発行する株式は最大4億5000万株。
売り出し価格は10月7日から9日までに決定し、その5営業日後が払込日となる。

sharp_zoushi_image.png

 第三者割当増資の調達額は約175億円。電動工具大手マキタが約100億円、住宅設備大手LIXILが約50億円、自動車部品大手デンソーが約25億円を引き受ける。それぞれ従来から協業関係があり、資本提携は、奥田隆司会長が社長時代に働きかけた案件だ。

 マキタは過去にシャープから「空気清浄機などのOEM供給を受けていた関係で、人的な縁があった」(堀司郎マキタ社長)。
>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>

日の丸家電の命運 パナソニック、ソニー、シャープは再生するか (小学館101新書)日の丸家電の命運 パナソニック、ソニー、シャープは再生するか (小学館101新書)
(2013/02/01)
真壁 昭夫

商品詳細を見る

パイオニア、世界初“発光層塗布型”有機EL照明モジュールのサンプル出荷を開始

パイオニアニュースリリースより。
~発光層を塗布プロセスで成膜することにより、製造コストを大幅に低減~
世界初“発光層塗布型”有機EL照明モジュールのサンプル出荷を開始


パイオニアと三菱化学は、発光層を独自の塗布プロセスで成膜することにより製造コストを大幅に低減した、
世界初の“発光層塗布型”有機EL照明モジュール(白単色型)のサンプル出荷を、
2013年9月末より開始すると発表しています。
有機ELの発光層は一般的に蒸着方式による真空プロセスで生産されていますが、
塗り分けの為のマスクに材料が付着するため材料の損失も多く、コストは割高となっています。
今回のサンプルでは発光層蒸着型の従来品に比べ、製造コストを5分の1から10分の1程度へと大幅に低減する
とともに、寿命については本格量産開始時に約4倍の長寿命(30,000時間:輝度 2,000 cd/m2時、LT70)を
達成する予定との事です。
パイオニアと三菱化学は以前より塗布方式の有機ELの開発を行っています。

【“発光層塗布型”有機EL照明モジュール(白単色型)製品予定性能表】
種別:回路一体型(定電流回路内蔵)
最大輝度(cd/㎡) *:3000/2000
色温度(K) :2700
輝度寿命(h) LT70:15000/30000
サイズ(mm) 外形:92.4 × 92.4
発光部:≧76.2 × 76.2
重量(g):41

Pioneer_OLED_mojule.png
“発光層塗布型”有機EL照明(白単色型)サンプル(左:モジュール、右:半器具化モジュール)

当ブログ関連記事
三菱化学とパイオニア、タッチ操作の有機EL照明パネル試作

印刷方式の有機EL材料は住友化学も開発を進めています。
こちらはアルバックと共同でインクジェット方式の検討もしているようです。

当ブログ関連記事
住友化学、有機EL印刷技術で真空蒸着法並みの解像度を実現
【人とくるま展】住友化学、印刷で造れるフレキシブル型の有機EL照明を出展

(13/10/02追記)
日刊工業新聞でも取り上げられていました。
三菱化学とパイオニア、有機EL照明を月内に出荷-コスト1/10実現


高分子EL材料―光る高分子の開発 (高分子先端材料One Point 6)高分子EL材料―光る高分子の開発 (高分子先端材料One Point 6)
(2004/12/01)
大西 敏博、小山 珠美 他

商品詳細を見る

パイオニア、美容に有機EL照明-資生堂と用途開発

日刊工業新聞より。
パイオニア、美容に有機EL照明-資生堂と用途開発


パイオニアは、有機エレクトロ・ルミネッセンス(EL)照明を美容現場に応用するための用途開発を
資生堂の協力を得て行うと発表しています。
有機EL照明の光は自然光に近く、肌や化粧品の色がわかりやすくメークの質向上に役立つ可能性があるとの事。
確かにシーンに合わせて化粧の仕方も変わるのかもしれません。
日中の屋外と夜間の室内では見え方も変わるでしょうね。

パイオニアニュースリリース
パイオニア 自然光に近い特性を持つ有機EL照明をビューティーカウンセリング用途に
~資生堂の協力により、有機EL照明の美容用途の開発を推進~


>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>
 パイオニアは18日、有機エレクトロ・ルミネッセンス(EL)照明を美容現場に応用するための用途開発を資生堂の協力を得て行うと発表した。有機EL照明の光は自然光に近く、肌や化粧品の色がわかりやすくメークの質向上に役立つ可能性がある。資生堂本社(東京都中央区)にパイオニアの有機EL照明を10月に設置。美容相談などを通じて有用性を確認したり、改善点を浮き彫りにしたりして今後の製品開発に生かす。

paioneer_cosmetic_OLED.png


有機EL照明を使った化粧台(イメージ)
 パイオニアが有機EL照明の用途開発で資生堂と組むのは初めて。パイオニアの有機EL照明は明るさと、色を変えることで多様な光を表現できる。この特性を生かせば、日中のオフィス、パーティー会場といったシーンを再現し最適なメークを簡単に行えるようサポートするといったことが
可能になると同社はみている。

 今回の取り組みは10月1日から千葉・幕張メッセで開かれる展示会「シーテック・ジャパン2013」で説明する。
>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>

有機EL技術と材料開発 (CMCテクニカルライブラリー―エレクトロニクスシリーズ)有機EL技術と材料開発 (CMCテクニカルライブラリー―エレクトロニクスシリーズ)
(2010/05)
佐藤 佳晴

商品詳細を見る
プロフィール

miyabi

  • Author:miyabi
  • 2013/1よりディスプレイ周りの技術情報を掲載。

    Twitter @deep2black
カレンダー
08 | 2013/09 | 10
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -
最近の記事
タグリスト
カテゴリー
アーカイブ
リンク
人気記事
ブログ内検索
関連書籍
RSSフィード
Twitter