FC2ブログ

米マイクロソフト、ノキアの携帯事業を買収

ガジェット速報より。
米マイクロソフト、ノキアの携帯事業を買収


いまさらですがマイクロソフトノキア携帯事業買収の話。
サプライチェーン側の反応としては短期的な影響は少ないとのコメントが主です。
市場もおおむね好意的な受け取り方としている印象ですね。
今後の戦略次第といったところなのでしょうか。

>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>
速報 ― 米マイクロソフトは2日(米国時間)、ノキアの携帯電話事業を買収すると正式発表した。端末の開発・製造を含む部門だけでなく、地図ソリューション「Nokia Maps(HERE)」などのライセンシングも含んだ買収額は37億9000万ユーロ(約4968億円)。さらに同社の特許を16億5000ユーロ(約2162億円)で併せて購入する。実質的な総額は54億4000ユーロ(約7131億円)の巨額買収となる。

買収はノキア株主の承認を得た上で、2014年第1四半期に当局(公正取引委員会等)の承認を得て完了する予定。

nokia_lumia_1020.png


ノキアはスマートフォン分野においてWindows Phone端末を専門に扱っており、「Lumia」シリーズが欧米では評価を得ている。先に発表されたスティーブ・バルマーCEOの退任発表においては、マイクロソフトが今後、「デバイスとサービスの両方を提供する企業を目指す」と明らかにされており、独自スマートフォン端末「Surface Phone (仮称)」の開発も噂されていた。今回の買収によって多くの相乗効果が得られるものとみられる。

今回の買収では、携帯電話及びスマートフォンなどの端末開発を行う人員はもちろんのこと、セールス・マーケティング、サポートなどのすべてを含む約3万2000人の従業員はマイクロソフトが雇用する。

ノキアはスマートフォン事業の立ち遅れから業績の悪化が深刻化しており、立て直しが急務とされていた。一方で、Windows Phoneプラットフォーム自体も善戦しているとは言いがたい状況であり、AndroidとiOS(iPhone)を合わせたシェアが約8割に達する状況。今回の買収によって、OSの開発から端末の製造に一貫性をもたせることが可能になり、プラットフォーム全体のテコ入れになることは間違いないものとみられる。

なお、ノキアの主要メンバーであるスティーブン・エロップ氏を含む5人が
マイクロソフトに移動することも併せて発表された。
これに伴うノキア側の新人事については明らかにされていない。
>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>


>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>
EMSOneより。
【EMS/ODM】 ノキア、MSに携帯事業を売却 台湾系サプライチェーンの反応

マイクロソフトが9月2日、54億ユーロ(1ユーロ=約131円)でフィンランド・ノキア(Nokia)の携帯電話事業を買収すると発表したことについて、ノキアとマイクロソフトの台湾系供給業者らが3日、コメントを出している。

台湾紙『経済日報』(9月4日付)によると、携帯電話用キーパッドのSilitech(閎暉)は3日、同社の最大顧客であるノキアがマイクロソフトの買収されることについて、「両社いずれも当社のパートナーだ。両社の関係強化で、相互補完が期待できる」と指摘。ノキアにとっては、現状のままどっちつかずの悪循環に陥るよりも、勢いのより強いマイクロソフトの傘の下に入る方がいいとの見方を示した。

タッチパネルのYoungFast(洋華)は3日、「両社とも当社の顧客。買収によっても出荷は平常通り」とコメント。「ノキアの携帯電話用タッチパネルは抵抗膜式だが、当社は既に静電容量方式へシフトしている。今回の買収が、当社の成長につながることを望んでいる」と表明した。

また、経済紙『工商時報』(4日付)によると、EMS(電子機器受託生産)世界最大手、台湾フォックスコン(FOXCONN=鴻海精密=ホンハイ)の香港子会社で、ノキアの携帯電話を生産しているFIH Mobile(富智康、旧富士康国際)は3日、「買収には移行期間がある。当社にとって、短期的な受注規模に大きな影響は出ない」とコメントした。

このほか、ノキアのスマートフォン「Lumia」シリーズを受託生産する台湾コンパル通信(Compal Communications=華宝通信)について経済日報は、コンパル通信にとってノキアはソニー(Sony)、中国レノボ(Lenovo=聯想)と並ぶ三大顧客の一つだが、ノキアとの関わりが最も深いと指摘。その上で、ノキアの端末生産計画について、今回の買収によっても、2014年第2四半期分までは大きな変化が出ないとの見方を示した。同第3四半期以降については、スマホを外部の業者に生産委託する趨勢のもと、ノキアがコンパルに対する発注を増やすものと見ている。

経済日報はこのほか、ノキアの台湾系主要サプライチェーンとして、LCDドライバICのSitronix(硅創)、レンズのLargan(大立光)、OPTIVISION(光耀科)、Primax(致伸)、パワーサプライのPhihong(飛宏)、Foxlink(正崴)、携帯電話用キーパッドのIchia(毅嘉)を挙げている。
>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>

>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>
EMSOneより。
【携帯】 MSのノキア買収 生産委託の行方に台湾注目 現状は8割内製

米マイクロソフト(Microsoft)が9月2日、54億4000万ユーロ(1ユーロ=約131円)でフィンランド・ノキア(Nokia)の携帯電話部門の買収を発表した。ノキアのスマートフォン「Lumia」シリーズの受託生産を手がけるコンパル通信(Compal Communications=華宝通信)など、ノキアのサプライチェーンを多数抱える台湾では、マイクロソフトのノキア買収が今後、台湾産業にどのような影響を与えるかに関心が集まっている。こうした中、台湾の経済紙『工商時報』(9月4日付)の伝えた香港聯昌国際証券のレポートは、ノキアの工場をどのように処理するかなど、今後を占ういくつかの点に注目していく必要があるとしている。

聯昌証券の王万里・首席アナリスト(アジア太洋洲区下流ハードウエア産業担当)は、「買収の報が流れた直後の9月3日、ノキアの株価が高騰したことから見ると、市場では、この買収劇を好感していることが分かる」と指摘。その上で、台湾系サプライチェーンに対する影響を分析する上で、次の点に留意していく必要があるとの考えを示した。

(1)ノキアの海外工場は中国の北京と天津、インド、ベトナムにある。マイクロソフトの買収後、これまで通り、80%を内製するのか、あるいはブランド事業に専念するのかの選択を迫られる。仮にブランド事業重視を選んだ場合、コンパル通信をはじめとする台湾系サプライチェーンが、今よりも多くの受注を獲得する可能性がある。

(2)今回の買収で、マイクロソフトは携帯電話で自主ブランドを持つことになった。その他の携帯メーカが今後も、マイクロソフトの携帯用OS「Windows phone」の採用を続けるかどうか。

>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>

ぼくとビル・ゲイツとマイクロソフト アイデア・マンの軌跡と夢ぼくとビル・ゲイツとマイクロソフト アイデア・マンの軌跡と夢
(2013/02/19)
ポール・アレン

商品詳細を見る

スポンサーサイト

東北大、生体内に移植したCNTが長期安定することをラットで実証

日刊工業新聞より。
東北大、生体内に移植したCNTが長期安定することをラットで実証

東北大学 ラット

 東北大学大学院環境科学研究科の佐藤義倫准教授らのグループは、生体内に移植したカーボンナノチューブ(CNT)が長期間安定することをラットで実証したと発表しています。
ラット胸部軟組織にCNTを移植し、2年間にわたって経過観察した。生体内で細胞同士のすき間に生着したCNTは、免疫細胞によって分解されず、構造が変化しないことが分かったとのこと。
生体内で長期安定性があるということは医療用のデバイスとして分解・腐食されずに安定して動作できる
可能性があるということですが、一方で誤って体内に混入した場合にも分解されずに残ってしまうと
いうことが言えると思います。
 カーボン系の材料の生体への影響など、更に詳しく調査する必要があるのではないかと思います。

東北大学プレスリリース
ラット軟組織内における多層カーボンナノチューブの長期間生体持続性を評価

>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>
 東北大学大学院環境科学研究科の佐藤義倫准教授らのグループは、生体内に移植したカーボンナノチューブ(CNT)が長期間安定することをラットで実証した。ラット胸部軟組織にCNTを移植し、2年間にわたって経過観察した。生体内で細胞同士のすき間に生着したCNTは、免疫細胞によって分解されず、構造が変化しないことが分かった。
 CNTを体内に入れると、マクロファージなどの貪食細胞によって分解される可能性があるが、生体を使って長期間調査した報告は存在しなかったという。
 グループは親水性に化学修飾した多層CNTをラットの胸部の皮下に移植し、その後の移植組織やCNTの構造を精密に観察した。移植1週間後の組織には貪食細胞が集まり炎症が起きたが、2年後には安定していた。
 CNTの構造を電子顕微鏡などで観察すると、一部は貪食細胞によって分解され表面構造が乱れていたが、細胞間隙にあるCNTでは壊れることがなかったという。
>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>

カーボンナノチューブの機能化・複合化技術 (CMCテクニカルライブラリー―新材料・新素材シリーズ)カーボンナノチューブの機能化・複合化技術 (CMCテクニカルライブラリー―新材料・新素材シリーズ)
(2011/10/05)
中山 喜萬

商品詳細を見る

【液晶パネル】 iPad第5世代のタッチパネル、鴻海傘下のGISが半数受注 TPKの脅威に

EMSOneより。
【液晶パネル】 iPad第5世代のタッチパネル、鴻海傘下のGISが半数受注 TPKの脅威に

ipad5.png

台湾フォックスコン(FOXCONN=鴻海精密=ホンハイ)傘下でタッチパネル
GIS(General Interface Solution、英特盛)が、米アップルApple)の9.7型タブレットPC
「iPad」の次世代モデル(第5世代)で、タッチパネルの5割を受注した模様だと報じられています。
同社の直近の営業収益は営業収益は単月100億NTドル(1NTドル=約3.3円)前後で、
2013年7月に93億8400万NTドルだったTPKとほぼ同じ程度にまで拡大しているとのこと。
やはりアップル向け製品の影響は大きいようです。

>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>
EMS(電子機器受託生産)世界最大手、台湾フォックスコン(FOXCONN=鴻海精密=ホンハイ)傘下でタッチパネルGIS(General Interface Solution、英特盛)が、米アップルApple)の9.7型タブレットPC「iPad」の次世代モデル(第5世代)で、タッチパネルの5割を受注した模様だ。台湾の日刊紙『聯合報』(9月4日付)が報じたもので、iPad用タッチパネルの受注比率は最大手の台湾TPK(宸鴻)と完全に肩を並べるところにまで来た。

聯合報によると、TPKはアップルに対する過度な依存を避けるため過去2年にわたって新規顧客の開拓に注力。結果、顧客の数は直近で40社強に上ったが、それでもなお、最大の大口顧客がアップルであることに変わりはないという。それだけに、フォクスコン系のGISがiPad向けで、これまでの2〜3割から第5世代では5割にまで供給比率を引き上げてきたことは、TPKにとって大きな脅威になる。

同紙の伝えた台湾系のあるタッチパネル供給チェーンによると、GISの顧客にはアップルのほか、フィンランド・ノキア(Nokia)、米アマゾン(Amazon)、中国レノボ(Lenovo=聯想)、中国HUAWEI(華為)、米デル(Dell)、米HP(ヒューレット・パッカード)がいる。直近の営業収益は単月100億NTドル(1NTドル=約3.3円)前後で、2013年7月に93億8400万NTドルだったTPKとほぼ同じ程度にまで拡大している。
>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>
iPad mini 16GB Wi-Fiモデル ブラック&スレート MD528J/AiPad mini 16GB Wi-Fiモデル ブラック&スレート MD528J/A

アップル

商品詳細を見る
プロフィール

miyabi

  • Author:miyabi
  • 2013/1よりディスプレイ周りの技術情報を掲載。

    Twitter @deep2black
カレンダー
08 | 2013/09 | 10
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -
最近の記事
タグリスト
カテゴリー
アーカイブ
リンク
人気記事
ブログ内検索
関連書籍
RSSフィード
Twitter