FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「滅亡作戦」次の照準

Tech-onより。
「滅亡作戦」次の照準

サムスン-シャープの提携について、台湾側の視方について記載している記事です。

台湾ではEMS世界最大手のホンハイ(Foxconn)の郭台銘董事長の動向が取りざたされています。
きっかけは3/21の日経新聞の「アップルの極秘計画 『大魚』を逃したか」という記事。

関連記事:アップルの極秘計画 『大魚』を逃したか

アップルとホンハイが「iTV」について日本で会談を行ったのではないかという情報が
語られており、そうした動向の中、「Samsungの台湾滅亡計画」という見出しで
週刊誌『今周刊』(同年3月20日号)が記事を発表しています。
記者は物騒な見出しに対して記事の中身はそれほど驚くべき内容ではないとしていますが、
注目しているのは2013年にサムスンがホンハイとTSMCに狙いを定めているという内容。

関連記事:【産業動向】 「台湾の産業を一つずつ潰せ」 サムスンが2008年に方針決定と台湾誌

台湾側が、サムスンがシャープと協力関係を結んだ一つの理由として上記の台湾企業を脅かそうと
しているのではと警戒を強めている様子が、上記記事から見て取れるのではないでしょうか。
シャープ、ホンハイ、サムスン、アップルと日台韓米の大企業のパワーゲームについて
各国でも動向が注目されているようです。

>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>
シャープが韓国Samsung Electronics社の日本法人から約103億円の出資受け入れを公表したのは2013年3月6日のことだが、その直前の3月1日から5日前後に、EMS(電子機器受託生産)世界最大手、Hon Hai Precision Industry社〔鴻海精密工業、通称:Foxconn(フォックスコン)〕の郭台銘董事長が一体、どこで何をしていたのかについて、EMS業界やフォックスコンのお膝元である台湾で改めて話題になっている。

スポンサーサイト

サムスンのスマホ新技術 LGが4年前に特許出願

wowkoreaより。
サムスンのスマホ新技術 LGが4年前に特許出願


galaxyS4.jpg


サムスン電子の新製品「GalaxyS4」搭載の目の動きを認識する技術についてLG電子の特許を
侵害している可能性があるとのことです。
「S4」には動画再生中にユーザーが目を離すと自動で動画の再生が止まる「スマート・ポーズ」という
機能が搭載されていますが、同様の技術についてLGが4年前に特許を出願しているとしています。
特許そのものを読めていませんので推測になりますが、特許の請求範囲が
どこまでかによって対応が異なってくると思われます。
「目の動きを検出する技術」であれば、同様の結果をもたらす別の技術を
採用している可能性もあります。(記事でもそれに言及しています)
一方、「目の動きを検出することで実現される機能」であれば、
同じ機能であることから侵害の可能性が出てきます。
とはいえ部材などと異なりソフトウェアでは「特許技術を用いている」ことの判断が
困難なのではないでしょうか。
自分はソフトウェア技術者ではないので本職の方だとまた異なる意見かもしれません。

いちユーザーとしては「目を離したときに自動で再生が止まる機能」だけに限って言えば有用性に
疑問もありますが(なんらか目を離す際は再生を自分で止めますし、見過ごしたら戻って再生しますよね?)
視線の認識については「目の動きで端末を操作する」技術(LGの特許はこれを含むそうです)が
ユーザーインターフェースの次の一手となる可能性がありますので両社譲らない可能性が考えられます。

まあ、視線だけで端末操作している様子を想像してみるとちょっと不気味ですけれども。

当ブログ内関連記事:
Samsung、最新のスマートフォン「Galaxy S 4」を発表、非接触で手の動きを感知する機能を搭載


>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>
 【ソウル聯合ニュース】
サムスン電子の最新スマートフォン(多機能携帯電話)「ギャラクシーS4」に搭載された目の動きを
認識する技術が、LG電子が4年前に出願した特許とほぼ同じ技術であることが19日、分かった。

 韓国特許庁の特許情報検索サービスによると、LG電子はユーザーの目の動きを認識してスマートフォンを
制御する技術を「携帯端末機およびその制御方法」として特許出願した。視線に合わせ
▼写真撮影時に焦点を合わせる▼動画再生を止めたり再開したりする
▼画面内容を上下に動かす(スクロール)▼アラームを自動でオン・オフする――という内容を含む。

 問題は、サムスン電子が14日に米国で公開したギャラクシーS4の「スマート・ポーズ」と
ほぼ同じ機能という点だ。同社は発売10日ほど前に、動画投稿サイト「ユーチューブ」に同機能を
紹介する動画を掲載するなど、これを主要ユーザーエクスペリエンス(UX)としてアピールしている。

 一方、LG電子は、特許出願した技術を使った「スマートビデオ」機能を、
来月「Optimus(オプティマス)G Pro」に搭載する計画を最近明らかにした。

 同社関係者は「関連特許は競合企業より先に当社が出願したことが確認された。
(競合企業の製品が発売されれば)特許侵害の有無を確認する」と話した。
ただ、サムスン電子がこの技術を持つ韓国内外のベンチャー企業と提携した可能性もあり、
製品発売後も特許侵害の有無の判定には相当の時間を要する見通しだ。

 また、サムスン電子が「ギャラクシーS3」に採用している「スマート・ステイ」機能も、
LG電子が3年前に関連技術を特許出願していたことが分かった。これはユーザーが画面を見ているか認識し、
画面の電源をオン・オフする技術だ。LG電子の「オプティマスG」「オプティマスVu2」に
「スマート・スクリーン」機能として採用されている。

2013年3月19日10時36分配信 (C)YONHAP NEWS
>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>
プロフィール

miyabi

  • Author:miyabi
  • 2013/1よりディスプレイ周りの技術情報を掲載。

    Twitter @deep2black
カレンダー
02 | 2013/03 | 04
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
最近の記事
タグリスト
カテゴリー
アーカイブ
リンク
人気記事
ブログ内検索
関連書籍
RSSフィード
Twitter
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。