引退後も大忙し

http://techon.nikkeibp.co.jp/article/NEWS/20061113/123483/


JAXA,JALから譲渡されたYS-11退役機を次期国産旅客機の開発に活用

2006年11月14日,YS-11型機の退役機が日本航空(JAL)から
宇宙航空研究開発機構(JAXA)へ研究用として譲渡される。
航空宇宙技術研究センターの調布飛行場分室へ,
機体を複数に分割し,陸路で搬送する予定だ。
JAXAはこの機体を,旅客機の構造設計や構造疲労データなどの蓄積,
次期国産旅客機構造への複合材適用に向けた研究で活用する。

YS-11型機は2006年9月30日で国内路線から退役した。
譲渡されるYS-11型機(現役時の登録記号はJA8788)は1973年に就航し,
2006年5月の最終運航日まで33年間で約5万7000時間を飛行している。

JAXAは入手したYS-11退役機体の運航履歴や整備・修理記録を整理するとともに,
実機の経年劣化,損傷の実態を調査する。
これによって,開発時の想定との比較研究が可能になり,
航空機のライフサイクルに関する日本で初めてのデータベースを作ることが可能となる。

また,YS-11型機の機体構造を複合材化した場合の軽量化の効果を確認するなど,
次期国産旅客機開発に向け,特に胴体と客室構造,
主翼構造の安全設計に役立てることを検討している。



というわけでYS-11は引退してからも大忙しの様子。
シミュレーションももちろん大事ですが、実際に何度も飛行したものから得られるデータって
かなり有用なのではないかと思います。
しかし旅客機って整備や補修しているとはいえ、33年間も飛び続けるものなんですね。
毎日5時間弱は飛んでいる計算になります。凄いな。
スポンサーサイト

「ものづくり」の次にくるもの

「ものづくり」というキーワードが登場して久しいですが、昨今の少子化、また「工学部への入学者減」などのニュースを見ていると「技術立国」への歩みに対する不安が生じてくるのも事実です。BRICsを始めとする他の国々の追随も激しく、競争は激化の一途をたどっているようにも思われます。
 その中で「ものづくり」の次に打つべき手は何かを考えた際に思い浮かんだのは「ひとづくり」です。少子化などに悩まされる現在において相反するテーマのようにも思われますが、その現状を逆手に取れないかという発想です。「大学全入時代」と言われますが、それだけ高い教育を受けられる割合が増えるわけで、つまり少数精鋭で立ち向かおうという事です。もちろんこれの前提には「本当の意味での高い教育」を受けられる環境作りが求められます。昨今の教育についての様々な問題の浮上は懸念すべきだとは思いますが、しかし問題が表面化することで解決への道筋も作れるのではないかと思っています。
いずれにせよ、人材は限られているわけですのでいかにひとつひとつを強くするかが鍵なのではないかと思うわけです。


うーん、曖昧な表現ばっかりで具体性にかけてますね…。
プロフィール

miyabi

  • Author:miyabi
  • 2013/1よりディスプレイ周りの技術情報を掲載。

    Twitter @deep2black
カレンダー
10 | 2006/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
最近の記事
タグリスト
カテゴリー
アーカイブ
リンク
人気記事
ブログ内検索
関連書籍
RSSフィード
Twitter